2016年05月01日

新ブログでの更新状況

[追記]2017.3.6 
下記の「おてがる更新RSS」が2018年4月30日で終了することになりました。
サービス終了までに、この記事を削除することにしました。


新しいブログの更新状況をお知らせします。
どこいる?ドットコム
おてがる更新RSS
事務代行のモバイルサービス


詳細は、新ブログでご確認ください。


2016年04月05日

お知らせ

このブログは更新を止めました。

自分のガーデニングの記録を見るため、また、それを参考にしていただいている方々もずっといらっしゃるので、ひとまずこのまま公開を続けていきます。

このブログ内の記事にコメントをしたい方は、もちろんどうぞ♪
今までどおりお返事も差し上げます。

ちなみに、新しいブログは…


こちらもどうかごひいきに。


2016年03月31日

新しいブログへ引っ越します!

2005年10月27日、このブログを書き始めました。

160331.jpg

最初の頃のミニバラ写真。今とはカメラが違うのに、笑っちゃうくらい写真の腕が変わりませんね。^^;


振り返ってみると、Webの世界の変化は大きいものがありました。

10年前はまだ運営サイドのサーバーが今ほどのパワーがなくてね。写真の大きさや容量は抑える必要がありました。当初の写真を今見ると、小さくて違和感があります。Rutina対応とは隔世のシロモノです。

ページネーションも上に戻るボタンなんてのはありませんでした。タグなんて機能もありませんでしたね。タグの問題は後々頭の痛い問題になりました。今も悩みどころです。カテゴリも、10年もやっていると当初考えていたこととは勝手が変わって来ました。

今まで私なりにカスタマイズで見えないところ(CSSとかHTMLとか独自コードとか)をちまちま修正して対応してきましたが、そろそろ手に負えなくなりました。

それに、クロールできないページが山ほどあるってGoogle先生に突っ込まれたけど、直しようがありません。ページの削除くらい自由にさせてよ。(T_T)

その辺がブログを引っ越す大きな理由です。

それと、デザイン上の問題もあります。

10年前にはスマホもタブレットもありませんでした。いわゆるマルチディスプレイ対応が想定されていないデザインを今も使っています。一応、スマホでは専用デザインに切り替わる仕様にはなっています。

ただ、スマホ専用のデザインはカスタマイズできないのです。PCとまったく同じ内容でもありませんし、スマホ用デザインでは、カテゴリも過去ログも一部しか表示できていません。

運営サイドも、10年やっている人を想定していないということでしょうかね。古いページへはたいてい検索サイトから直接アクセスするし、即離脱するから、別にいいのかなとも思うんですが、自分自身がモヤモヤするんです。

たくさん溜まった問題に一気にケリを付けたくて、新年度を機に、新しいブログへ引っ越すことにしました。


新しいブログは…




何のひねりもありません! 次も、同じSeesaaブログです。

データの引き継ぎは一応できるけれど、まるまるお引っ越しというわけにはいかないようだし、問題も引き継ぐことになるし。

スッキリするためのお引越しなので、すっぱり新規ブログで仕切り直します。

お気に入りやRSSフィードの登録をしてくださっていたみなさん、ファン登録で更新情報を取得してくださっているみなさん、お手数ですが、新規ブログもどうぞよろしくお願いします。

そして、これまでのご愛顧に感謝!!

。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪ありがとう♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"

2016年03月29日

薬剤ローテーションします

バラの消毒をする季節です。

私が消毒を定期的にするのは、この時期だけです。すべては美しい一番花のために!


これは、ディープなロザリアンの方には今さら繰り返すまでもない話ですが、念のため。

1種類の薬剤だけを使い続けていると、菌にも虫にも耐性がついて効かなくなってしまう危険があるのです。抗生剤の効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌や、タミフルが効かない新生インフルエンザが生まれるのと同じ仕組みです。

ですから、何種類かの薬剤を用意して、ローテーションさせて使用するのが理想的と言われています。成分の違う薬剤を数種類、順番に使うわけです。←自分への反省を込めて。^^;

詳しくは、こちらのサイト↓を読んでみてください。

http://item.rakuten.co.jp/baranoie/c/0000001155/#10hati
楽天市場】バラ栽培資材 > 簡単スプレー:バラの家 【バラ苗専門店】


「さて、今日は消毒しましょう♪」とボトルを出して、「前回はこれだったから、今度はこちらを…」と思ったら、なんと! 

160329-2-s.jpg

デザインは違えど、同じ種類の薬剤でした(笑)。どっちもアタックワンAL。何やってんだか、もう。

上記のサイトの例にならうと、うちは10鉢前後(かろうじて20鉢にはなっていない)なので、
ベニカXアタックワンALトップジンMスプレー

のローテーションを組みたいところ。

トップジンMスプレーは私のテリトリーでは現在売っていない(以前は売っていたのに)…。えーい、2種類まとめて、ネットで買っちゃおう。というわけで、以下の2本をお買い上げ。




到着〜♪

160329.jpg

結構重かった。考えみたら、それぞれ約1kgですもんね。普段のお買い物のついでに買うにはちょっと…。通販で正解でした。

一番花が咲く5月まで頑張りますよー!

2016年03月26日

わらわら組を見ながら思うこと

もろもろの環境の変化とか体調の変化などがあって、ガーデニング作業の量は著しく減っているけど、そのなかで自分にとってのバランスを模索中なのかもしれません。あまり深く考えていないけど、振り返ってみるとそういうことなのかなーと思ったのです。

ほめられたものではありませんが、風船かずらのプランターも、地上は切って地下はそのままで放置していました。以前なら、全部片付けて、土は再生用に手を加えて別容器で保管。プランターはスポンジで隅々まで洗っていたんですけどね。

今回放置しようと思った理由の一つは、これです。

160326.jpg
わらわら。

青じそのこぼれ種から発芽させちゃおう作戦。

ベランダでは、こぼれ種での繁殖が期待できないですから。青じそなら、その辺の隅からでも発芽すると分かっているけど、土を残しておけば、より多くの芽が確保できるだろうと思ったのです。

よし、成功。

こんなやり方でもいいなーと思った今日でした。

2016年03月25日

ぽこぽこ観察

今日も今日とて、取らぬ狸の皮算用なのであります。

根っこ大打撃のフジサンF3株のうちの1本の様子。

160325-1.jpg

ぽこぽこっと。

これは…いけるかもしれない!

160325-2.jpg

一番左の芽は、ベーサルシュートになる可能性がかなりあると思います。

その右は、まだ小さすぎて何とも言えませんが…。両隣が伸びると、これは伸びないかもしれない。

その右上。これはいい感じです♪ 一番の期待の新人…じゃなくて新芽。ほしい場所に出てくれたことだし、ここが早く伸びないかと、毎日鉢を手にとってしまうのです。

その上。これが一番最初に顔を出した芽。のんびり屋さんすぎて、ハラハラしてしまう〜。

写真では影になる場所にも、ぽこっと新芽の素ができています。

このうちの3つくらいが伸びるんじゃないかと予想しているんですが、はたしてどうなりますか。

ドキドキする〜♪


でも、忘れちゃいけない。
(忘れかけてたけど…^^;)


(植え替え時の様子/再掲)

根っこの状態は良くなかったし、去年の生長は悪かった。今までの経験だと、これは夏まで体力が持たない可能性もあると判断した株。

ん〜、でも、現在の雰囲気は悪くないんだよなぁ。

2016年03月24日

万年筆とインクが気になるお年頃

何がどうしてどうなったんだか、去年から万年筆のインクが気になるのです。それまで、筆記具はジェッストリームとサラサがあれば満足していたのに。

インクだけではなく、もちろん万年筆自体も気になります。

あれこれネットのいろんな情報を読んでいるうちに、欲しいと思う万年筆も見つかりました。


これに、カラーインクを入れて使ってみたい…。

でも、明確な用途があるわけでもないし、私には贅沢品だと分かっているので、手持ちの万年筆を洗浄して再び使えるようにしました。


160324-1.jpg

むかーし、いただいた物です。年季が入っている感じするかな。結構使っていましたからね。


160324-2.jpg

バーバリーの万年筆なのです。あの頃は、自分に似つかわしくないと感じて、気恥ずかしかったものです。あと、私には重いんです。特にキャップが重くて、後ろに挿すと何だか落ち着かないし、キャップをしていなくてもまだ重い。

久しぶりに書いてみると、書き心地が以前とは違うように感じます。すんなり書ける。ぬらぬらとさりさりの中間かな。

書きやすくなったと感じるのは、私のペンの持ち方が以前とはかなり違うせいでしょうね。今のほうが万年筆に合っているみたいです。それと、たくさん字を書いてきて、ペンの運び方も変化しましたから。

書いてみて気が付きました。万年筆で文字を書くと、癒やされるんです。頭の中の凝り固まった何かがほぐれる感じと言いますか。ん〜、なんだろう。インクという液体の流れる様子に、無意識に心地よさを感じているのかな。

このブログもそうだし、現在は圧倒的にテキスト入力のほうが多くなっているから、その反動もあるのかもしれませんね。でも、ボールペンでは癒やされると思ったことはまったくないし…。だから不思議。

万年筆のインクは国内外いろんな会社がいろんなモノを出していて、お値段もピンキリ。なかなか奥の深い世界のようです。人呼んで「インク沼」。こわいっ。沼を覗きこんでいる自分がかなりこわい(笑)。


ベルメゾンネット