朝露

今年の春は気温が低し、1日の寒暖の差も大きいですね。 そのせいか、ミニバラの小さな突起(とげや葉のギザギザの先端など)に朝露が付いている日が多いです。 この日は蕾の先端に丸い朝露の粒が付いていました。 一眼レフだったらもっとキレイに写るのでしょうに…なんて思いつつシャッターを切りました。   こういうのを撮影するときは、もっと接写のできるカメラだったら良かったのにな~と思います…

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション7

前日に書いたガクがはずれてきたミストラルはこんなふうになっています。 先に日が当たっていた部分だけ赤くなっていますね。 気温が低くて開花に時間がかかるとしょうがないですね。 開花するまでの間遮光しようかとも考えたんですが、やっぱり自然になりゆきまかせにするのが私らしいかなと…。 でも、1度くらいは遮光実験もしてみたいなぁ。 遮光というと大袈裟かな。 不織布かアルミホイルか…

続きを読む

大失態!?

私、虫がとっってもニガテです。 ガーデニングの最大の課題は、虫との対峙だと思っているくらい。 育て方とか病気とか、そういうことなら、勉強していく気概はあるんです。 でも…虫はぁ……(>_<) 調べ物をしていても、まず画像を直視するのがツライ! 体がかゆくなるし、脳みそが拒絶します。 画像もそこにいる実物もよく見ないと、比較検討ができないわけで…それがしんどい! …

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション6

ミストラルの蕾も、先端がすーっと伸びてパッと開く感じです。 ヒラヒラは細くて短いです。色も大きさの点でも目立たないけど、ちゃんとありますよ。 まるまるとして可愛いです。 一番おとなしめのデザインですね。 うちではミストラルが今春の一番乗りになりそうです。 って何回も書いていますが(^_^)ゞ、 ホントにもうすぐ咲きそうです。 ガクがピラッとはずれてきました! その画像はまた後…

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション5

ピンクマシュマロの蕾です。 先端がすーっと伸びたところがロイヤルホワイトと似ているなと思っています。 ただ、なぜかピンクマシュマロの場合は、くの字に曲がることが多いんです。この蕾も曲がっていますね。 ヒラヒラは底のほうに5つ。 長くて上を向いています。 枝振りと似ていますね。ゆったりとしたステムで半横張りという感じですから。 [関連記事]ミニバラつぼみコレクション1ミニバ…

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション4

ヒラヒラがほとんどない蕾もあります。 それがこれ、ロイヤルホワイトです。 前の3つとはずい分違う形ですね。 まだ十分に膨らんでいないのに、白い花びらが線のように見えていますね。 咲くのはまだ当分先のことだと思いますけど…。 先端がすぅーっと伸びてパッと広がる様子が、ピンクマシュマロと少し似ています。 話は変わりますが、デザインをちょっと変えました。 ヘッダー部分と右側のアイ…

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション3

レッドバロームも、ヒラヒラの付いた蕾です。 短めのヒラヒラが真上を向かず、広がっています。 樹形が横広がりなのと関係あるのかな? 蕾全体に赤が乗って、いかにも赤い花が咲きそうでしょう? 春花の色は深みのある真紅です。 それにしても、この蕾は特に赤みが強いですね。 花径2.5cmと小さいのに、花びらが数十枚詰まった花が咲きます。 丈の短い花びらが詰まっているのでかさばるんでし…

続きを読む

セントラルローズが国バラ出店

ミニバラでお馴染みのナーセリー、セントラルローズが今年の第8回国際バラとガーデニングショウに出店されるんですって! 詳細は↓こちらをご覧くださいね。 セントラルローズ社長の愚息。【店長】の日記。 http://plaza.rakuten.co.jp/centralbossjr/ 普段目にしない品種を持ってきてくれるんでしょうね~。 うっく。 行きたくなってしまったではありませんかぁ!…

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション2

これは名無しのピンクのミニバラ。 出ベソ(笑)の上部です。 このミニバラの蕾もヒラヒラが長いです。 ゆらゆらと立ち上る炎のように見えるな~と思っています。 赤い縁取りも、その雰囲気を醸し出しているように思えるんですね。 昨年の一番花は先端が3つ、その下の節に1つ花が付きました。 今年もそうなりそうです。 1枝に4輪ついた様子がブーケのようで、感激でした。 そういう房になる…

続きを読む

ミニバラつぼみコレクション1

ミニバラの蕾が膨らんできました。心が騒ぐ季節の始まりです♪ まずは、ピッコロ。 現在蕾の数17個。 1本の木から一度にこれだけの数の蕾がでるのは初めて! もちろん現状で最多です。 接木苗だから株がすでに十分生長しているのでしょうね。 昨秋購入したので、今回が初めて迎える春。どんな表情で咲いてくれるのか楽しみです。 ピッコロの蕾の特徴は、ヒラヒラ(名称がわかりません^_^;)…

続きを読む

なんとなく時間が過ぎて

水菜と同じ素焼き鉢に植えていたレタスがすっかり大きくなって、鉢が見えないくらいの大きさになりました。 春になってから、葉の色が薄くなってきました。 同じ種類のレタスがコンテナにも植わっていて、外葉を順番に食べています。 単体だとちょっとクセのある味なので、他のレタスと一緒のサラダにして、アクセントくらいの分量がいいみたい。 そんなわけで、緑色のレタス類のほうが消費スピードが速く、これ…

続きを読む

出ベソの後に

(04/20)出ベソの正体のその後です。 芽を覆っていた皮をはぎ、日に当たるようになってから、芽の色が赤くなってきました。 あと何日かすれば、葉が展開しそうな雰囲気です。 写真を撮っていて気が付いたことが。 …って、まぁ、すでに黄色い矢印がどど~んと指しちゃってますが、隣にさらに芽が出てきました。∑(〃゚ o ゚〃) おぉ~!! こちらは最初からうまい具合に外に出られたので、ち…

続きを読む

アイビーの産毛

暖かくなってから、アイビーからも新芽が出ています。ここにも春が来たんですね♪ 先端だけではなく、途中からも結構出ています。 アイビーの新芽には産毛がびっしりと生えています。 周りの葉を見ていただくとわかるように、大きくなると産毛はまったくなくなってしまいます。 アザラシみたい~(^・^) えっ…そんなこと思うのは私だけ?   「アイビーって水差しでも十分育つのよ」 と友人に話…

続きを読む

シュートの色

シュートもとげも、新芽まで、よどみなく真っ赤ですね~。 これ、ロイヤルホワイトです。 つまり、白い花が咲くんですよ。 この状態だと信じがたいですね。 去年はここまで赤くなかったんだけれど…。 花のほうも、去年とは何か違うのかな? 2年生になったので、きっと去年より何かしら生長の証を見せてくれるんじゃないかな。 先端を覗き込むと、小さな小さなつぼみができています。 他のミニ…

続きを読む

出ベソの正体

ミニバラの株元に、突起ができました。 その“ぽっこり”は日に日に大きくなっています。 はじめは何となく盛り上がった感じだったのが、次第に出ベソに見えてしょうがなくなりました(笑)。 さてさて、笑っている場合なのか? なんて思案したのですが、出ベソの正体は判明したのです。   盛り上がった皮の隙間から覗いてみたら、出ベソの正体は新芽でした。(*^o^…

続きを読む

つぼみと病気が同時進行なのね

一番先に咲きそうなミストラルの蕾が、さらに丸々としてきました。 と喜んでいたのもつかの間、黒いしみがあるではありませんか。( ̄□ ̄|||) どうしよう。この蕾が一番花でなかったら切ってしまうかもしれない。 でも、10鉢のなかで、このつぼみがこの春一番に咲くと見込んでいるのに~。 カビの一種なのかな。 だとすると、ウドンコ病のように周りに伝染するかもしれない…。 う~ん…

続きを読む

天使の羽?

パンジーの花首には、1対の突起があるんです。 自分の中では「天使の羽」と呼んでいます。 形がそれっぽいかなと思って…。 何年前のことだったか、アブラムシと間違えてこの存在に初めて気が付きました。 他の花にはこんな物が付いているのを見たことがないのです。 何のためについている物なんでしょう? きっと何か意味があるから付いているんでしょうね。 だって、ここに突起が付いている…

続きを読む

ベランダの主役はリカちゃん

ビオラを抜いたプランターの半分、リカちゃんパンジー側は花盛り。 現在のベランダの主役ですね。 花が小ぶりなので、スペースの小さいうちでも収まりが良いし、形も崩れない。 以前、「(12/11)秋冬はシャープな顔立ち」でも書きましたが、春のパンジーは花の形が反り返らず整っているんです。 この写真からも伝わるかしら? リカちゃんパンジーは花首が長いので、活けるのにもイイ感じです。…

続きを読む

移植後のデルフィニウム

ポットに移植した後のデルフィ1です。 こっちはとても元気。 子葉も付いたまま、本葉が増えていってます。 葉の輪郭が、枚数が増えるごとに複雑になっていくのが面白いです♪ 4枚目の葉はデルフィらしい形になりました。 デルフィ2はちょっと弱々しい印象です。 子葉は溶けてなくなってしまいました。 このまま腐ってしまうのでは…という心配が消えませんが、それでも4枚目の葉が生えてきました。…

続きを読む


楽天 ガーデニング苗物 デイリーランキング

バックナンバー

ベルメゾンネット