今までとは顔立ちが違う...

ミストラル
これはミニバラのミストラルなんですが、開きかけの状態から約1週間かかって、ようやく開きました。
今回の花は、花びらの質感がなんかヘンなんです。
透けていて、スカスカな感じ。チューリップだったらモザイク病だと思っちゃうような雰囲気。

開花に時間が掛かった分、開きかけのときに太陽を浴びたところがピンク色になるだろうな~と予測していました。
あながち間違いでもないけれど、真ん中も相当濃いピンク色になりました。
ということは、紫外線の影響だけじゃないということでしょうね。
気温が下がってゆっくり咲く分、養分だか何かの要素だかを花に蓄えたということなのかな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ