ミニバラの土、その変遷

そろそろミニバラの植え替えを考える時期になりましたね。次の土はどうしようかな。
つらつらと、今まで使った土のことを考えていました。

最初は、京成バラ園で買った「京成バラ園の土」でした。安かったから(笑)。
赤玉土と腐葉土しか入っていないのかなーと思う感じのシンプルな土で、荒目だったので水はけ抜群でした。荒すぎないか心配したけど、問題はなかったみたい。
後で知った話では、あれはやっぱり大きいバラ用みたいですね。

次に使ったのは、買い増し用だったので、プロトリーフ社「ミニバラの土」でした。
この土は、「京成バラ園の土」よりずっと細かくて、ピートモスが多かったかなぁ(ほとんど忘れてる)。
「京成バラ園の土」とあまりに違いすぎてビックリした記憶があります。
確か赤玉土と腐葉土を足して使ったような…。


その次が、プロトリーフ社の「京成バラ園の土」
なんとなくこの土の感触が、私の中で判断の基準になっているような気がしますね。
これより悪いのはイヤってところです。
この土にいろいろ足して使っているのが今の状態です。


プロトリーフ社の「バラの土」を使ったこともありました。同社の「京成バラ園の土」とどんなふうに違うのかなーという好奇心から。
値段はリーズナブルだし、バラ専用だからいいのかなと思って買ってみましたけど、あまり水はけが良くないのが気に入りませんでしたね。
まぁ、この辺は管理の仕方に大きく左右されるところですし、個人の好みが分かれるところなんじゃないかと思います。
鉢の材質、鉢の容量、日照時間、その木が水を吸い上げる量なんかで、土の水分の状態は変わりますからね。
これに腐葉土と赤玉土、もみ殻くん炭を加えて、それでもうちの環境には合わなかったので、バイオダルマを足して改良をしたのでした。
で、その次の年はプロトリーフ社の「京成バラ園の土」に戻ったんです。



あ、そういえば、「花ごころ バラの土」も使ったことがありました。買い増し用にしたんだったかな。
これはそのまま使える感じでしたね。でも、ものすごーく良いってわけでもないかなぁ。あまり印象に残ってません。


さーてさて。今度は何にしよう。
最初に考えたのは、普通のお花用の土にしちゃうこと。以前、普通のお花用でも十分だという意見を聞いたことがあったので、試してみようかなー、と。



このサカタの土シリーズの「野菜三昧」を使ったことがあるんですよ。
今まで使った土のなかで一番良かった!
で、このシリーズの「花三昧」でもいいかなーと思い立ったんですよ。
セコイ話になりますが、リットル当たりの価格を比べたら、プロトリーフ社の「京成バラ園の土」よりお得らしいことに気が付きました(笑)。
しかも、生育がいいのよ。魅力的です。おーし、今度はこれで行くか。


と思っていたのに、別の選択肢が現れちゃったんです。

一つめがこれ。
「ローズショップ アンナヴァン オリジナル培養土」

・良質の素材を使い、鉢で育てるバラ用にブレンドされた培養土です。そのままお使い下さい。(肥料は含まれていません)
・バラと相性の良い硬質の赤玉土を使い、どっしりと安定感のある使い心地です。
・水はけが良く、かつ保水性にすぐれています。
・虫の忌避効果のあるニームの葉入り。(ツンとした香りはニームの葉によるものです)
・微生物のしっかり生きた、プリップリの土ですよ!

というショップページの言葉にトキメキました。なんかすごく良さそう。
18リットルだと買い足す必要もなくて量もちょうどいいし♪
これにしようかなー。


なんて思っていたら、他にも良さそうなモノを見つけてしまいました。

「バラの家 培養土」
赤玉土・小粒/牛ふん/もみがらたい肥/馬ふんたい肥/くん炭/そば殻たい肥/その他マル秘資材のブレンド

リンク先(画像をクリックしてね)の説明文を読んでみると、これまた良さそうな…♪
しかも、「14リットル1,280円のところ、発売記念特別価格!980円」!
おっと、口がぽかーんと開いてしまいました(笑)。
これにしようかな…。
べ、別に値段が決め手になったなんて、言わなくていいのよ?
2袋買っちゃおうかなぁ…あはは。

この記事へのコメント

2008年11月11日
こんな記事を待ってました!
自分の記憶があいまいで、どれがどうだったか分けワkんなくなってきてたので助かります!

最後のふたつはなかなか魅力的...
「バラの家」のほうの「マル秘資材」ってのが気にかかりますが、価格も重要ですからねー!


もも@管理人
2008年11月11日
◆Hirokazuさん
まあ、待っていてくれるヒトがここに!
嬉しいです~♪

サカタの土シリーズには「バラ用」もあるんですけど、「バラ用」だけお値段がちょっと上がるんですよねー。ああ、どこまでセコイのか私は…(明日、その理由の一端がわかります)。
価格は重要ですもんねー。

バラの家は実店舗もあるし、鉢バラも切りバラも販売していて好印象なんですよ。きむたくてんちょのメルマガも楽しいし。
「花と野菜用」の土もあるんですよ。そちらはさらにリーズナブル。

「アンナヴァン×ピーキャットさん対談」も面白くて勉強になるので、実際現場で使われているという土も捨てがたい…。
悩みますねぇ。
2008年11月12日
ももさん、おはようございます。
ばらの土にも、いろいろとこだわりがあるのですね。(さすがだわ。)
今期の冬はバラの植え替えをしようと思っているので(去年はさぼりました)、参考にさせていただきますね。
現在のところ、「ローズショップ アンナヴァン オリジナル培養土」ニームの葉入りにそこはかとなく惹かれています。

もも@管理人
2008年11月12日
◆由莉ままさん
こんばんはー♪
いろんな土を使ううちに、自分と相性の良い土というのがわかってきたんですよ。
最初は全然わからなかったんですけどね。

由莉ままさんも「ニームの葉入り」にそそられましたね。^^
私も気になってます。
でも、うちのミニバラはハダニ以外の虫はあまり付かないのだけど、ハダニ除けにもなるのかしら?

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ