ピンクのバラの夢

自分ちでうまく秋バラを楽しめていないせいか、どうもバラの画像を求めてネットの海を漂ってしまいます。なんだかんだ言ってもいくトコはお馴染みのところが多いんですが。あ、お馴染みと言っても、勝手に私が拝見しているだけで、コンタクトを取ったことがない方々も多いです。

最近私の心を射止めたのは、バラと車のミュージアム ミュゼファリナ:似た雰囲気のバラ(虹の番人さん)で紹介されていたピンクイブピアッチェとストロベリーダイキリ。
私はやっぱりピンクのバラが好きだから♪

THE ROSE SHOP 
ストロベリーダイキリストロベリーダイキリ
Strawberry Daiquiri
米J&P 2008年
HT 中香 剣弁高芯咲き


虹の番人さんいわく、
私的にはどうもストロベリーダイキリは雑誌などの露出度が低いせいかこんなにいい花なのに広く知れ渡らないのです。
香りもちゃんとしますよ。最近のバラらしく黒点病にもかなり強いです。花付もよいです。
新芽は光沢のある赤芽で食べたくなるぐらいなんですよ。
こんなにいいバラなのにね。

そんなにいいバラなんですか~♪o(*>▽<*)o~★
上の写真は楽天内から拝借してますが、虹の番人さんのブログに載っている写真のほうが何倍も素敵です。優しいピンク色、ふんわり立ち上がった花びら、中心に向かって色が薄くなっていくグラデーション、黄色いしべ、どれを取っても魅力的…はぁ♪

ピンクイブピアッチェは、ぐぐっても引っ掛からないんですよねー。
虹の番人さんの写真を見る限りでは、ピエール・ド・ロンサールに雰囲気が似てますね。外側は白っぽくてほんのりピンクで、中心はめちゃくちゃラブリーなピンク色♪ フリフリっとした花びら、カップの形もキレイ…♪
こんな花にうもれている夢が見たいわぁ…☆ミ
私にとっては思いっきりストライクゾーンの魅力を携えたバラなのに、情報がほとんどないなんて、流通量がよっぽど少ないのかしら。
あと写真があったのは、フラワーショップ JEL.FLOWER:ピンクイブピアッチェ くらいかな。お花屋さんで扱ってるってことは、切花種? まぁ、イブピアッチェもお花屋さんで扱ってる品種ですしね。

ピンク色のバラを育てたい。もちろん今はミニバラで満足しているし、スペースとか自分の生活のリズムを考えても、無計画に増やすことはできないのだけど、いつか…いつかは時間を忘れて陶酔しちゃうような魅力的なピンク色のバラを手元で育てていたいな~。

この記事へのコメント

2008年11月15日
そうそう、やっぱりバラはピンク!
・・・いや、クリーム色にも愛着があるな...

たぶんワタシの深層心理はそんな感じです。
だから「あいだをとって」オレンジとかワケ分からない色に手を出しちゃうんだろうなあ。
・・・と、いま思い当たりました(^^
もも@管理人
2008年11月15日
◆Hirokazuさん
ねっ! レオ様もそうだけど、ピンクのバラって王道だと思います♪

「ピンク色のバラが欲しい!」と乗り込んだ国際バラとガーデニングショウで、最初に手に取ったのは、ロイヤルホワイトでした(笑)。
神代でも白いバラに見とれてたかな。^^

でも、やっぱりピンク色のバラを見ると幸せ~♪な気分になっちゃうのです。

クリーム色とピンク色の間を取るとオレンジ…? Hirokazuワールドだぁ。

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ