★イギリスに行ける!!旅行券30万円分プレゼント★


↑詳細は画像をクリックして、リンク先(青山ガーデン)を見てくださいね!

青山ガーデンが「イギリスに行ける!!旅行券30万円分プレゼント」というプレゼント企画をやっています。

イギリスのクラシックな街で、のんびりとイングリッシュガーデンにたたずんでみたい・・・

そんな願いをかなえる旅(旅行券30万円分)を1名様にプレゼントしちゃいます!!
おすすめは、ロンドンから約2~3時間にあるコッツウォルズ地方。公開庭園も盛んで、別名「蜂蜜の街」とも呼ばれる世界で一番美しい街。綺麗に草花が咲き乱れる夏がおすすめ。
日々の疲れを癒すこと間違いなしです。小鳥のさえずりと川のせせらぎに耳傾けながら、ゆったりとした贅沢な時間をお過ごしください。


ということだそうです。
私も、コッツウォルズへ行って、お城、マナーハウス、教会、個人のお庭、そこかしこでガーデニングの様子を見てきました(その時のコッツウォルズの写真はこちら)。行ってよかったと思ってます。もし、叶うことならば、また行きたい。

でも、1名様なのね? 旅行の券だけなのね?
まぁ、前回のイギリス旅行は一人旅だったし、一人でもどうにかなるってわかったけど、ペア旅行のほうが嬉しいんだけどなー(勝手な発言)。

イギリス旅行で30万円というのも、微妙なラインよねー。ポンドに対して円が弱いから、物価が2倍に感じるもんねー。大雑把に考えて、飛行機代約10万円、現地での費用20万円…体感価格は実質10万円かぁ(さらに勝手な発言)。

紹介文にコッツウォルズっ書いてあるから、コッツウォルズに行くことを考えると、ロンドンからの往復の移動費用(特急券またはレンタカー代)もいるし。というか、現地で車がないと回れないから、車か車+ドライバーは必須。

ロンドンを素通りするならそこそこな旅行ができそうだけど、リージェンツ・パークのバラ園(クイーン・メアリーズ・ガーデン)は捨てがたいしねぇ。
やっぱり観る所が山ほどあるロンドンに泊まりたいよねぇ…。公園、美術館、博物館の類はほとんど無料なのが魅力といっても、ロンドンは物価が高いからねぇ(どこまでも勝手な発言)。

せっかくイギリスに行くのなら、イングリッシュローズの本拠地であるデビッド・オースチン社のバラ園も行きたいぴかぴか(新しい)
これぞイギリスの醍醐味というべき庭園はあっちにもこっちにもあって、行きたいところばかりで困っちゃう。
20世紀の傑作といわれるシングハースト城ガーデン。英国王立園芸協会の運営するウィズリー・ガーデン。湖面に映る城と庭園が美しいスコットニー城ガーデン。オールド・ローズの楽園モティスフォント・アビー・ガーデン。パステル・カラーのロングボーダーが心を揺さぶるヘルミンガム・ホール。バラと宿根草、チューダー様式の建物の組み合わせがたまらないウラートン・オールド・ガーデン…。
枚挙に暇がないとは、まさにこのことです。

「小鳥のさえずりと川のせせらぎに耳傾けながら、ゆったりとした贅沢な時間」を過ごす旅行をするとなると、滞在日数はせいぜい2-3泊ってところかなぁ…。

私が30万円でイギリスで庭園を見る旅行に行けなかったかというと、そんなことはありません。
ロンドンに2泊して、合計1週間だったかな。コッツウォルズではいいホテルに滞在しました。その村にはホテル以外に夕食を取れるところがなかったから、毎日がディナー♪
その代わり、ロンドンではレストランにも入らず粗食が基本(なのにスタバは毎日w)。特急はもちろん2等車。あ。それでも、一応ホテルに泊まったんでした。

でも…( ̄ー ̄+ ニヤリ
ブロードウェイ(コッツウォルズのね)滞在なら、良いB&Bに泊まって楽しく過ごせるかも。周りに飲食店もいっぱいあるから、夕飯には困らないらしいしね。
今は地図もGoogleマップとかで簡単に手に入ることだし、カザンさんのサイトでしっかり事前調査しておけば、いい所を回れそう♪
ただ、ブロードウェイには、「小鳥のさえずりと川のせせらぎ」はありませんのでご注意を。

【ご応募条件】

1. ご応募は日本国内在住の方に限ります。
2. 当選者の方にはキャンペーン事務局より直接ご連絡させていただきます。
3. 当選通知メール後、一週間以上ご連絡がない場合は、当選権利が無効となりますのでご了承ください。
4. 帰国後、旅行記を作成いただきます。
5. 当選権利はご本人に限り、第三者への譲渡および、換金はできませんのでご了承ください。


応募期間は12月10日まで。
発表は12月25日。

サンタさんは誰にプレゼントしてくれるかな?
詳細は、青山ガーデンのサイトを見てくださいねー。

応募だけしてみようかな…。あはは。

この記事へのコメント

2008年11月23日
フムフム、そうなのかー!と読み進んで、
だいぶイメージがわいてきたトコロで
「帰国後、旅行記を作成」・・・??

ワタシ、今回は応募致しません!
もも@管理人
2008年11月23日
◆Hirokazuさん
あーっはっはっ。
Hirokazuさんが引っ掛かったのは、旅行記作成ですか。(〃^∇^)o_彡☆
別に卒論でも会社の出張報告書でも企画書でもないんですからー。
平成の文豪としては、そーいうところで手を抜くわけにはいかないわけですな(笑)。
2008年11月24日
旅行券30万円をもらい、飛行機に乗って
現地に到着・・・
さてそれからあれを食べてこれを買って
これを買ってあれも買って
美術館へ行って・・・・
ホテルへ泊って・・・
いくらかかるんだろう???
って贅沢な旅を考えると難しいだろうなぁ
だってミュージカルもたっぷり見たいしなー
でも昔1か月滞在した時には究極の貧乏
旅行でなんとかなったっけ
もも@管理人
2008年11月24日
◆nayamomさん
イギリスにそこそこ優雅な旅をしに行くなら、50万円プラス買い物代が必要なんじゃないかなー。
それでも、いいとこ10日くらいね。

美術館がおおむね無料っていうのは、ぱんぴーにはとってもありがたい。大英博物館さえタダですもんね。
ミュージカルはどうなんだろう? 入館前のお客さんの行列は見たのよねー。高かったような記憶がかすかにあるけど…。

1か月の旅行ってスゴイわね! どこ行ったの? ダンスの勉強かしら?
究極の貧乏旅行は若いときなら頑張れるけどねー。私は、貧乏は自宅でやるからもういいです(笑)。

それに、「小鳥のさえずりと川のせせらぎに耳傾けながら、ゆったりとした贅沢な時間」というコンセプトから離れちゃうものね。

庭園はたいてい豪邸に付いているし、本場でアフタヌーンティを楽しみたいって思っちゃうもの~。

「小鳥のさえずりと川のせせらぎ」を楽しむだけなら、すっぴんでジーンズにスニーカーでいいけど(フットパスには馬や羊の落し物があるし^^;)、ドレスコードがあるような場所も、大英帝国の名残りがあって見学するにはもってこいなのよねー。ゴシック建築とGパンってミスマッチだと思うしね。

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ