寝てください…

い…今からですか」で書いた、キスミーmspが真っ赤な新芽を出しているのよーという話の続報です。



太陽の光を浴びて、ツルツルピカピカな新芽がさらに輝いています。
もともと照葉のミニバラなんですが、いつにも増してテリテリです。
12月でなければ大歓迎なんですけど。
葉っぱが元気なのは、12月であっても大歓迎ではあるんですけど。

バラ(ミニバラも含む)は、この時期に休眠します。
根っこの活動がほぼ止まるらしいです。
寒いなか生長を続けてもエネルギーを無駄に消費してしまうので、この時期に休眠することで、翌春に花を咲かせるパワーを蓄えるそうなんですね。

休眠のときは、葉っぱが落ちます。
自然に落葉するのを待たずに、手で葉をむしる人もいると聞きます。葉を取ることで、強制的に休眠させるということみたいです。



休眠に入ってしかるべきな12月にこの葉っぱ…。
この新芽、触ると気持ちいいくらいツルツルですよ。

赤くて、太くしっかりしていて、立派な新芽ですねー。
この写真でも、葉っぱがテリテリなのがわかっていただけると思います。
それにしても、枝より太い新芽を出してくれるなんて。
返す返すも12月でなかったら大歓迎なんだけど。

裏を返せば、秋が来るまでうまく生長できなかったという証明みたいなわけで…。( ̄∇ ̄;

今年、うちのミニバラの多くが、休眠に入る様子がない…。



しっかり休眠しているのは、このピッコロくらいです。
ピッコロはちゃんと咲いてくれたから、順調に休眠に入るだろうなーと思ってたら、やっぱりその通りになりました。

ミニバラを育て始めた頃は、休眠しているかどうか見分けが付かなかったのだけれど、今ではなんとなくわかりますね。
枝がしまって、色が変わりますね。
それと、何となくなんですけどねー、寝ているオーラがあります(笑)。
あ。活動しているオーラがないと言ったほうがいいのか。

ピッコロ以外のミニバラさんたちも、お願いだから寝てください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ