シャワーガンで吹き飛ばす!



今年、御徒町で買ったシャワーガン。
使い勝手が良かった」…まぁ、そのまんまのタイトルでしたね(笑)。
そのまんま過ぎてみもふたもないと言いますか。
でも、その通りだからしょうがない。
重過ぎない作り、握力のない私でも疲れない使い心地がとってもいいです。

最近、新たな使い方を楽しんでます。
「キリ」モード。
霧のように柔らかくて細かいシャワーなのかと思いきや、「カクサン」より広範囲に噴射する分いくらかは水圧が低いけれど、結構な水圧でぷっしゅーわーっと水が出ます。
ハダニをぶっ飛ばせー!(実際、いなくなった)
ウドンコをふっ飛ばせー!(そこそこ効果がある)

というわけで、他のミニバラではウドンコが終息に向かっているのに、いまだに洗われているミストラル。
ウドンコに対するきめ細やかなケアが今年はちっともできなくて、ごめんね。
そんなわけで、今日も、ぷっしゅーわーっ。

白いフロスト加工みたいになってるのが、ぷっしゅーわーっをすると軽減するのです。


こっちも花首を拭けばいいのに、ぷっしゅーわーっ。
この水圧が快感♪
病みつきになりそう♪
どーれ、もういっちょ、ぷっしゅーわーっ。


ミストラルも休眠に入っていません。
その証拠に葉っぱは落ちないし、蕾を膨らませながらステムが伸びていっています。

古い枝が枯れ込んじゃったりして、ミストラルは調子がイマイチでした。
今こうして蕾が伸びていってるのを見ると、植え替えは最後にして、それまでに花が咲いてくれたらいいなーと思ってしまいます。

ぷっしゅーわーっというのは、正しい園芸用語を使うなら、シリンジをしているのです。
シリンジがウドンコ病を軽減する効果も一応あるのよ、という実録をお届けしました。
ぷっしゅーわーっ。

この記事へのコメント

2008年12月12日
まだウドンコ居座ってるんですか!?
よっぽど住み心地の良いぬくぬくした環境なんでしょうねー。

この二日ほどあったかかったからまた息を吹き返すかもしれませんね。

それにしても12月のつやつやな葉っぱたち...
ウチも含めて、なんだか落ち着きませんねー!
2008年12月12日
ももさん、こんにちは^^
「ぷっしゅーわーっ」って言葉の響き、頭の中に強烈にインプットされました(笑)
良いもの見つけて良かったですね^^

ウドン粉にシャワー・・・そうかぁ、私もやってみようかしら。
私のウドン粉対策はもっぱら除菌ウェットティッシュでフキフキ。
でも広範囲だととっても面倒なんですよね。
そうそう、先日「お米のとぎ汁+黒砂糖」を試してみたら結構効き目があったような気もします。

薔薇の休眠ですが、数年前から全く休眠しなくなりました。
これも地球温暖化現象かしら?
ウチの薔薇達も今もせっせと新しい蕾を付け、とても寝るどころではありません。
もも@管理人
2008年12月12日
◆Hirokazuさん
うぁ。うちがウドンコ楽天地ってことですか?
まぁ、うちみたいに天井のあるベランダだと、黒点にはならない反面、ウドンコははびこりやすいみたいではありますが。
よそのお宅ではもうウドンコは落ち着いているのかしら?

私がこの1年落ち着かない生活をしているので、ミニバラにも多大な影響が及んでます。
でもって、私の落ち着かない生活はまだ続きます(苦笑)。
もも@管理人
2008年12月12日
◆feliciaさん
ぷっしゅわーっをインプットできて良かったです。ん? 良かったのかな?^^

確実な方法は除菌ウェットティッシュでフキフキだと思いますよー。
このブログで3年前からオススメしています(「新手のウドンコ病対策」という記事で書きました。今でもアクセス数が多いんですよ)。
自分で発信しておいてアレなんですけど、今年はそれをやる時間がなくてー。(^_^;)ゞ

砂糖水スプレーも最初の何回かはビックリするくらい効果があったんですけどねー。だんだん効きにくくなった気がしますね。耐性が付いちゃうのかしら。
米ぬかや米のとぎ汁は、ニオイと虫の問題があって今はやってないんですけど、米のとぎ汁+黒砂糖ですかー。なんだか、効きそうなコンビですね。

あ、今思い出した! 床の掃除!
ウドンコ菌は埃などと一緒に舞い上がるから床をキレイにしたほうがいいですよーって、セントラルローズweb店長さんから薦められたんでした。掃除しなくちゃ…。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ