チューリップとチオノドクサ植え付け

球根を買ったのは早かったのに、土がなかった(爆)。
結局、いつものように遅い植え付けになっちゃっいましたー。



じゃーん!
バラ専用土と、花・野菜用の土です。
ミニバラの土、その変遷」であれこれ悩んでましたけど、バラの家オリジナル培養土(写真左)にしました。
14リットル980円というコストパフォーマンスが決め手でした。あはははは。
花と野菜の培養土(写真右)のほうは、12リットル580円。こちらも素敵な価格です。

同梱できちゃうし♪と思って、バラ柄のクラフトテープも買いました。
入れてあった袋もバラ柄です。さすがね。
ガムテープなんて言っちゃイヤ。
バラにはガムテなんて言葉は似合わないの。
使う予定のはっきりしない物を買ってしまったことを後悔する日が、いつか来るかもしれない。
けど、今は楽しいからそんなことは忘れておこう♪




さて、真新しい植木鉢に鉢底石を敷いて…。
じーっ。
……。…………。
やっぱりやーめた。
この鉢じゃないのにしよう。
当初はこの鉢にぎっちぎちに植えるつもりでいたんだけど、なんか違う気がしてきた。



というわけで、深型コンテナを引っ張り出してきました。
チューリップ3種類(ダイナスティ、ハウステンボス、ニューデザイン)とチオノドクサのセットを植えます。
品種を表す色テープが付いているので、うまく散らばるように置いて。
この画像は、自分のための覚書みたいなもの。

そういえば、チューリップを10球も植えたのは初めてですね。
どうりでエキサイティングなわけだー♪

土(花と野菜の培養土)の感触は、なかなか私好みな感じ♪
好みって言われても困るよねぇ(笑)。
水はけの良さそうな大粒と、他のモノのバランスが良さそうです。
なのに、赤玉小粒を混ぜました。ごめんなさい。手元にあったので、つい…。



チオノドクサを植えるのは初めて。
球根をまじまじと眺めました。
にんにくとからっきょうを思い出させる大きさと形です。
チューリップの球根の上に軽く土をかけてから、間を縫うように配置しました。

いろんな球根の混植…球根を並べている段階からワクワクしますね。
今回は特に、チューリップを3種類も入れているし、初めてのチオノドクサも加わっていますから、どんなふうになるのか楽しみ~♪

うまく咲いてくれれば、雑誌「花時間」の1ページを飾れるような素敵なコンテナになるハズです(たぶん)。
だって、商品名は「花時間 アレンジブーケ【プリティ】」なんですから!

1年ぶりにガーデニングをしている感覚を味わっています…。
実に長い1年でした。
植物と在る暮らしを徐々に取り戻したいと思ってます。
今はミニバラだけのベランダだけど、春には賑やかになる予定です。
楽しみー♪


この記事へのコメント

2008年12月14日
球根植えるの、楽しいですよね♪

「手元にあったので、つい…」
それはワタシの得意技^^
最近はネットで買った日向土をつい何にでも混ぜ込んでしまってます。
来年、ももサンちの花々がが賑やかに咲く頃、
ウチは水不足で枯れる花が増えてるかも...
2008年12月14日
◆Hirokazuさん
> それはワタシの得意技^^
実は、私もそう思ったのでした(笑)。
私の場合、自分好みの水はけにしちゃうんですよー。
もうクセですね。

> ウチは水不足で枯れる花が増えてるかも...
そんなサビシイことを言わずに、いろんな花をさかせましょーよー。
まぁ、Hirokazuさんちはお外で育てるまでもなく家の中にツマという名の素敵な花があるから、太陽の下で苦労しなくてもいいのかな?(天使の微笑み…天使だからねっ、と念を押す)

それはさておき^^、Hirokazuさんちはたくさんの種類の植物が茂っていて、私には緑の楽園に見えますよ。(*^ー゜)ノ♪

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ