だいこく祭

090111s.jpg
神田明神のだいこく祭を見てきました。

なーんて書くと、だいこく祭を見るために出かけたみたいに聞こえちゃいますね。
実際は、初詣だったりします(笑)。
まだ初詣をしていなかった知人にくっついて行ったら、「なんか人出が多いね~、昇殿に向かう参拝列の方向を横切る人の流れが大黒様のほうに流れていくね~、お囃子が始まったね~」なんてことになって、キョロキョロしていたら、だいこく祭の表示があったんですね。
猿回しも始まって、江戸の祭の風情が盛り上がったというわけ。

「高さ6.6メートル重さ約30トンで石造りとしては日本一のだいこく像」だという神田明神のだいこく様。Wikipediaより拝借。今回、まともな写真を撮れてないから…。
猿回しの写真もありません。あしからず。

神田明神のサイトによると、だいこく様は、国土経営、夫婦和合、縁結びの神様だそうです。
国土経営かぁ。まさに、いまお力添えをいただきたい神様ですね!

神田明神では、12日までだいこく祭を開催中です。
お天気もいいようですし、甘酒を飲みに…じゃなくて。
神田明神=甘酒 という式が私の中ではできあがっちゃってるもので、つい(笑)。
江戸の風情を楽しむためにお出かけしてみてはいかがでしょうか。
「一年の福を招く「福笹守り」を受けられた方は、もれなく福引き(空クジなし)をひくことができます」(今年も福を呼ぶ3日間 - 神田祭.ch公式ブログ)って。
福が当たるといいですねー。


この記事へのコメント

2009年01月11日
ももさん、こんばんは。
先日は、Hirokazuさんを呼んできていただいてありがとうございました。

神田明神といえば、甘酒なのですね。(フムフム)
私の中では、神田明神(下)の(銭形)平次でした。
いいな~と思って気軽に行ける距離ではないのが残念です。
もも@管理人
2009年01月11日
◆由莉ままさん
おせっかいしてみました。(^_^*)ゞ
せっかくなので、見ていただきたかったですしね。

神田明神は平次でしょう。それが王道でしょう(笑)。
境内には明神下を見下ろせる場所を選んで建てたという銭形平次の記念碑もあるのです。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ