レタスその後9*生長の差*

コンテナ栽培のミックス・レタス
久しぶりにミックスレタス登場です。
実は、こんな具合にコンテナが2つありまして、今までは左側の大きく生長しているほうをアップしていました。
両方とも、種まきした日は同じ。コンテナも土も同じです。
では、なぜこんなに差が付いたのかというと、まき方の違いなんです。
左側は直まきして間引きしていったもの、右側は移植したもの。
移植すると生長が遅れるというけれど、その通りの結果を示してくれましたね。

収穫時期をずらす目的で、わざと生長に差を付けました。
左側は時期的に葉がかなり硬くなっています。右側はまだベビーリーフの柔らかさをキープ。
外側から収穫して食べていますので、両方を混ぜると食感がいろいろ楽しめます。
 
-------
鉢植えの水菜移植組はもう1鉢。水菜を移植したものがあります。
最初のうちは生長がよくないな~と思っていたのですが、寒波が押し寄せてからは俄然元気です。
1枚1枚の葉があまりにがっしり太く育っているので、生食は適しませんね。
どのくらいに育ったら、どうやって食べようかな~? 
そんなことを考えている時間もガーデニングの楽しみの一つです♪

寒くて、手入れするのが面倒くさいな~と思うこともしょっちゅうですが、葉っぱ物の野菜が高くなると、また急に精を出すという現金なガーデナーσ( ^ー゜)
案外そのくらいのノリが続けるコツだったりして。
去年は冬にレタスの葉を痛めてしまったんですが、この冬は寒くなってから野菜が高値を付けたので、葉っぱを痛ませることなく栽培できています。

ちなみに、鉢は100円ショップで売っていた素焼きの角鉢。12cm角くらいかな。
本来、水菜を鉢で栽培するときは、大き目の菊鉢等で栽培するといいそうです。市販されているような立派な株立ちになるようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ