夏剪定 2009

ミニバラの夏剪定をしました。

最近水をやるくらいしかしてなかったので、摘蕾しそびれたものがぽつぽつ咲いています。

090913-1.jpg

花が咲いているのは別にいいんですけどね。
ミニバラをお手入れしてないと、当然ハダニが繁殖してしまうわけで、増え始めという感じになっていました。わかりきったこととはいえ、ちょっとガッカリ。いえ、ガックリ。

枯れこんだ枝を切り落とし、全体が枯れこんでしまった株を片付けて、ちょっとはすっきりした気分になりました。

090913-2.jpg

剪定した枝の先に付いていた花を小さな容器に挿して。
シルバーレモンタイムを添えてみました。これでも、シルバーって言っていいんでしょうか。斑入りの葉をシルバーっていうんですよね? この枝は、斑がまったく入ってないんですけど。^^;
多くの枝は、購入当時の斑入りをキープしてるから、いいってことにしておきますか。

伸びていた部分を切って活けることができるなんて、ちょっとぜい沢な気分。
しかも、好みの香りがするのだから、すごくぜい沢な気分♪

090913-3.jpg

レッドバロームの花数が多かったです。房咲きになってましたし。
ピッコロは美しい頃を過ぎてしまっていたので、写真の主役にはさせられませんでした(笑)。

元気な株は花も咲いてる。そうでないものは、芽がちゃんと伸びていなくて剪定もできない。
どっちも経験のある状態だけど、明暗を分けた要因は何なのかしら。

今年はきちんと世話ができてないから、多くは望まない。だから、夏の花を咲かせないようにしてミニバラの体力を温存させてきたし。でも枯らしてしまったものがあるんだから…まったくねぇ。
私の場合、咲かせるほうがマメに世話をするような気がするわー。
咲かせて多少は世話するのと、咲かせず世話しないのと、どっちがよかったのかな。

さてと。
今日剪定したところから花が咲くのは11月かな。
夏の花を諦めていた分、秋の花をめでる時間が楽しめるといいなー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ