野分に咲く

台風が通り過ぎていきました。
雨と強風が別々に来る、「風・雨分離型」とかいうものだったみたいですね。

うちは被害と言うほどのことは何もなかったのですが、ベランダに台風の名残がちらほらありましたよ。
まず、ペチュニアの花が全滅。これは予想してました。ペチュニアの花って、雨や強風に当たるとダメになっちゃいますからね。
ナスが床から30度くらい起き上がった角度で生えてるっていう様相になりました。支柱ごと倒れちゃいました。でも、折れなかったから、すぐに立ち直ったみたい。
キュウリは台風のせいでというより、その後の澄み切った晴天でダメージを受けた、って感じですかねー。時期的にも、復活は厳しいかもしれないなー。今までとは比べ物にならない勢いで雌花が咲きだしていたところだったんだけど。
ミニバラは、おおむね問題なしです。ふた鉢、倒れそうになっていたものの、その程度で済みました。花びらも散らずに済みましたしね。あ、そうだ。よそ様の洗濯バサミがミニバラの鉢の中に落ちてました。うちのミニバラの鉢ってかなり小さいのに、どこからどうやって入ったのか不思議です(笑)。

ピンクマシュマロはなんとなく覇気がないというか、樹勢が弱くなっているというか、元気がない感じがしてたんです。でも、蕾を見つけたら、咲かせちゃいたい衝動がどうしても抑えられず…。

しかも、咲いたのは、よりによって台風の最中。



遠目には白いバラに見える色合いなんですよねー。
台風の風にあおられたせいなんでしょうね。花びらの縁が茶色く痛んでしまいました。
でも、あんまり気にしてません(笑)。

花色も薄く、株自体弱々しいのに、台風で散ることなく開いていた姿がいじらしくて、なんだか見ているこっちが励まされちゃう気分になるのです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ