ミニバラ新芽コレクション4



ロイヤルホワイトを入手したのが昨年の5月。
初めての冬剪定をして春の花を楽しみに待っているところです。
そういう性質のミニバラなのか、特別に元気が良いよい株だったのか、昨年5月からの約半年、込み合いすぎなくらいに葉っぱがワサワサ生えました。幹もずい分太くなって、もう木の貫禄?が出てきている気がします。
期待に違わず、新芽も数が多いですね。
休眠に入るのも早かったし、しっかりパワーを蓄えているんじゃないかな~と期待しています。
今年はどんな生長ぶりを見せてくれるのか楽しみです。

これも同い年のロイヤルホワイト4本植わっていたうちの1本だけ枝枯れ病(たぶん)だったので、購入後早々に患部を切り落としました。その後、他の3本に比べて生長が遅く、幹も細いままです。
トラブルがその後の生長にどれだけ影響するのかを勉強させてくれた感じですね。
上の写真と同じ2年生には見えないですものね。

植え替えのときに、これだけ他の株と分けて別の鉢に植え替えました。
今年は元気一杯に育ってくれるといいな~。

こうして見ると、やっぱりロイヤルホワイトって、新芽も葉っぱもたくさん出す勢いのよいミニバラに思えますね。
芽かきしたほうがいいのかな~と悩むくらい芽が多いように感じるんだけど、どうなんでしょ?



[関連記事]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ