剪定ほぼ終わったよ

最近やった園芸作業と言えば、「ミニバラの強剪定」です。
これも1年1度の大イベント!
自分の経験値を上げる、ドキドキと楽しみいっぱいの作業♪
私の気持ちのなかでは、春の始まりでもあるかな。


100211-1.jpg

レットバローム。
今年は枝をいつもよりは長めに残してみようかなと思って切りました。
でも、こうして見ると、全然長くなーい(笑)。
かつては芽が出なくて悩んでいたのがウソみたいに、よく新芽が出ています♪
問題は、ベーサルシュートが出ると、古い枝からの芽は育ちにくいことかな。左下に出ている芽が育つかどうかで、もう一度上のほうを見直さなくちゃ…ってところです。

100211-2.jpg

ミストラル。
写真だけだと、これがどのミニバラなのか、ちょっとわかりにくいなー。剪定する前はわかるのに、剪定した途端に、「これは何?」って感じになってしまうんですよねー。
とはいえ、この時期にベーサルシュートになる芽がこんなに育ってるのは、ミストラル以外にはないっ!
ミストラルはホントよく毎年太いシュートが出ますねー。その分、古い枝には栄養が行かないようで。
だから、どんどん枝を更新しちゃってます。それが望ましいのかどうかはわからない。でも、私の性格には合ってる。

トレンディ。
今年も、まぁ驚くほど芽がいっぱい!
ああっ、写真ではそれがまったくわからないっ!
株元には、ベーサルシュートになる予定の新芽が一対で出てます。すでに昨年の枝と同じくらいの太さになってるのが頼もしい。

こうして改めて眺めると、結構横広がりな樹形ですねー。でも樹高が高くないせいか、邪魔になるほどではないです。


ロイヤルホワイトとピッコロ、キスミーmspの写真がないので、それはまた今度撮ります。
ピンクマシュマロはちょっと悩んでしまい答えが出なかったので、次回に先送りです。

葉がない今の時期、水を遣ると、ミニバラから香りが立ち上ってきます。それがすごく不思議♪ ちゃんと言うか当然と言うか、花の香りと酷似した香りなんですよ。花の香りよりさらに微香なのだけど、急に殺風景なベランダの空気が変わるインパクトを感じます。

剪定が済んでスッキリした姿を眺めつつ、花がないのに漂っている香りを味わい、とっても気分が良かったです。
来週あたりに、もう一度剪定がこれでよかったのか観察してみるつもりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ