ハーブにも春みぃ~つけた♪

ハーブにも芽吹きの春が来ました。

思わず、この記事のタイトルを、去年の3月21日に書いた「ハーブにも春」と同じタイトルにしそうになってしまいました。まー、思考力も栽培技術も全然進歩していないから、さもありなんって気もしますけど、同じじゃつまらないし、少しはひねらないとねー。「あーあ、ひねった結果がそれですかε- ( ̄、 ̄A)」、とか言っちゃやーよ。


■シルバーレモンタイムの場合

100317-1.jpg

シルバーレモンタイムは、遠目には冬の姿のままのようだけど…。

100317-2.jpg

冬の間、葉は赤くなっていました。
この部分は、まだ冬の装いですね。

100317-3.jpg

暖かくなってきて、緑色の葉が増えていってます。思ったより濃い緑色です。
この写真で見ると、赤い部分との違いがよくわかりますねー。

100317-4.jpg

株元を見たら、ここにも新しい芽が芽吹いていました。
よかったー。今年は、少し株が充実してくれるかな。

この後、絡まった枝(?)をほどきました。その作業中、いつものレモンタイムの香りが立ち上がってきて、ニンマリしてしまいました。


■アップルミントの場合

アップルミントは、長く伸びた地上部が枯れた後邪魔になったので、バッサリ切ってしまいました。それが果たして正しいのかどうかは知りませんけど(笑)。バラで言うところの強剪定のつもり。「根っこが生きていれば何とかなるでしょ」くらいノリです。みなさんは、危険を冒して真似しちゃいけませんよ。ちゃんと調べて、ベターな栽培方法を踏襲してくださいね。

100317-5.jpg

新しい芽が生えてきました。
やっぱりねー。だてに、「ミントは繁殖力がただものではない」と言われてるわけじゃないってことですよー。

100317-6.jpg

他にもないかしらと鉢をぐるぐる回して眺めたら、小さな芽がいくつもありました。

100317-7.jpg

ついでに、立ち性なはずなのに鉢の輪郭をなぞるように伸びた部分からも、小さいけどしっかりした芽が出ていました。こうやって増殖していくんですねー。
どう表現していいかわからないけど、数ミリしかない小さい芽なのに、タフさがビシビシ伝わってくるんですよ。

春ですねー。植物も爆発したくてウズウズしているように感じちゃいますねー。

この記事へのコメント

2010年03月21日
お、長い記事になった、ってコトは
辞書機能が直ったコトですね~?
お疲れ様でした!
アップルミントの剪定、
きっとそれは正解だったんでしょうね、
新芽ちゃんが元気そうですもん!
もも@管理人
2010年03月21日
◆さくらんさん
辞書、直ってませーん。イレギュラーな操作に慣れてきちゃいました(笑)。
そんなこと言ってないで、腰を据えて直さなくちゃ。

新芽が元気だと、ワクワクするんですよ。それこそ、元気を分けてもらえる感じがします。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ