目指せツヤツヤ

2週間前に、「新芽が赤くない」で書いたピンクマシュマロなんですけど。
←これです。
写真は再掲。


赤くない新芽は枯れこんでしまいました。やっぱりですか…という感じです。

さらに、その下の芽もダメになってしまったので、切り戻さなくちゃいけないかなーという感じ。同様の状態の枝がもう1本…。まいっちゃうなー。
かつてジュピターが枯れこんでいってどうにもできなかった記憶が蘇ってきました。

まぁ、確かに全体的に色が薄いし、生気も少ないような印象だけど。去年もこの株は元気がなかったけど。思い出すのは良くない材料ばかりだけど…。
枯れ込んでいない部分はどうにかいけそうな雰囲気をしている気がしてます。楽観はできないですけどね。

先端が枯れこんだ後で、「ベーサルシュートの元」(笑)が出てきました。
ベーサルシュートと呼ぶにはまだ小さすぎるので、ベーサルシュートの「元」と言っておきましょう。
ピンクマシュマロはなかなか枝が増えないと普段から嘆いているので、これはとっても嬉しい!
枯れこんだ枝があっても、これならいけそうな気がする。
(枝が増えないというのは、私の育て方がよろしくないせいです。「嬉しい便り」でご紹介したように、嫁ぎ先ではあっという間に枝数が増えたんですから。久しぶりに写真を見たけど、違いすぎるぅ。りこさん、すごい! 私ってば、2年経っても進歩なし?!)


ちなみに、元気なほうのピンクマシュマロはこんなに新芽が赤いです。濃い赤だというだけではなく、葉っぱのツヤがほれぼれしちゃうくらい照り照りです。

これは別の枝。やっぱり赤くてツヤツヤ!

バラは葉が肉厚で照りがあるほうが病気にかかりにくいと読んだので、今シーズンは少しでもツヤツヤにしてみようと思って、今のところ頑張ってます。

ピンクマシュマロは照りがない葉だから、頑張り甲斐がありますよー。


[関連記事]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ