オープン・ザ・カバー!

真夏になる前に収穫しちゃう予定のコマツナとリーフレタスが、ベビーリーフとして収穫できるサイズになってきました。

前回(6月23日)の様子はこんな感じ

カバーを取ってみたら、コマツナはこんなに生長していました。ベビーというには育ちすぎちゃってるなー(笑)。
葉色がイマイチなのが気になります。
でも、収穫しちゃいますよー。




よく見てみたら、アブラムシがいました。やっぱりあのカバーでは防げませんでしたか。でも、大量ってほどじゃなかったから、ないよりは良かったかな。
アブラムシと土を洗い落とすべく、しっかり洗いました。



双葉が付いてるなんて、嬉しいなー。


リーフレタスもカバーを外してみました。
毎日横から見ていたのに、カバーを外してみてみると、意外と育ってるなとちょっと驚きました。
トウ立ちが始まりだしていました。収穫しなくちゃね。




カット・アンド・カムアゲインができる時期でもないので、間引きついでの収穫。あと1回収穫できますね。
レタスのほうはアブラムシがまったくいませんでした。ということは、カバーは場合によっては役に立つってことかな?

この記事へのコメント

2010年06月28日
対アブラムシ1勝1敗、対ハダニ全勝、と行った感じですか。
カバーした時点ですでに紛れ込んでたのかもしれませんね/アブラムシ。
もも@管理人
2010年06月29日
◆Hirokazuさん
カバーする前にアブラムシがすでに付いていた確率は高いと思います。
おそるべしアブラー軍団。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ