ルポ:フラワー&ガーデンショウ(3/3)

ディズニーランドローズ京成バラ園のブースでは、なんとあのバラのカタログを無料で配布していました。もらい損ねた私はがっかりです。現地でさえ有料のカタログですからね。
このブースで見た限りでは、バラの流行はオレンジ~ブラウンの中間色のようでした。'笑み'も'ディズニーランドローズ'もその系統です。
(ディズニーランドローズ⇒)
でも、私の好みはクリアな色合い。新発売の'ブラッシング ノックアウト'に惹かれました(↓)。

ブラッシング ノックアウト花びらの色合いも質感もチューリップに似ています。
「きゃ~可愛い♥」と声が上がっていました。
遠目には、ハナミズキの雰囲気にもどことなく似ていると思います。
「日本人の美意識にあってるわよね~」なんて語っている人もいました。
それだけに、仏メイアン作出なのが意外でした。

「究極のミニシュラブ・スノーコーン」も魅力的でした。
野趣のある枝振りと極小の白花がユキヤナギによく似ていて、和風の庭にもピッタリです。
調べてみたら、ユキヤナギもバラ科なんですね。知らなかった。‘スノーコーン’が似ていても不思議はないわけですね。

鮮やかですね~アップルウェアーから発売されているプラ鉢や持ち手つきのプランターも興味深かったし、以前雑誌ビズで見たのとそっくりな手作りガーデンラベルも見られて参考になりました。鉢を使わずキッチンネット(ワイヤーの網)と不織布で寄せ植えを作る作業も、目の当たりにしたので自分でもできそうです。
全員に無料配布された(社)日本家庭園芸普及協会の『花と緑のガイドブック』も、屋上緑化の事例が面白かったですし、コッツウォルズの写真が美しくて、得した気分です。
その他にも、液肥やミリオンのサンプル、雑誌『園芸ガイド』(主婦の友社)最新号の付録などをもらえてご機嫌!
粘った人は、鉢花や用土のプレゼントももらったはず。

トルコギキョウのアレンジ普段目にしない商品や市場にまだ出回っていない新製品を手にとって見られるイベントが好きなんですよ~私。サンプルがもらえるのも、もちろん嬉しい。
おばちゃん3人組にバシバシ叩かれて、「ちょっとアンタ! 私にもサンプルちょうだいよっ!」なんてスタッフと違われるアクシデントもありましたが、楽しい1日になりました。
見て歩くだけで精一杯なんだけど、本当は実演もじっくり見たいし、講習にも参加してみたい。
体力と気力がもっとたくさんあったらねぇ。(^_^)ゞ

3日間の会期で合計約6万人の来場者があったそうです。
なかなかの盛況だったんじゃないでしょうか。
(おしまい)


[関連リンク]

[関連ページ]

【追記】
会場で撮影した写真は、本館「日本フラワー&ガーデンショウ'06」としてアップしました。


最初のページはこんな↑です。
チケットのデザインを、当日撮影した自分の写真で再現しました。^^

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


楽天 ガーデニング苗物 デイリーランキング

バックナンバー

ベルメゾンネット