モノトーン



見慣れた景色がモノトーンに染まると、いつもとは違う世界にいるような錯覚をしてしまいそうな気分になる。
いつも通りのルートを動いているのに、いつもとは違う気持ちで行動している自分がいて、なんか可笑しい。

スーパーで店員さんと立ち話してみたり、傘を片手に自転車を引きずるように家路へと急ぐ近所のママさんに道を譲ってみたり。
いつもよりちょっとおしゃべりで、いつもよりちょっと動きが鈍くて、いつもよりちょっと心が優しくて。

そんな人、私だけじゃなかったみたい。
雪が音を吸収しているはずなのに、夜の街はいつもより人の声が賑やかだったよ。

この記事へのコメント

2011年02月15日
雪あかりで外が明るいです。
これもまた雪のマジックでしょう。

見る分には白くて綺麗ですが、凍結すると危険ですからね、東京は転倒者続出ですから焦らずゆっくり移動しましょう。
felicia
2011年02月15日
わっ!何て素敵な景色なんでしょう。
雪が降っているというよりも落ちてきているって言う感じ。
こちらで雪景色になるのは10年に一度あるかないかくらいなので
こういう景色に憧れます。。。
もも@管理人
2011年02月16日
◆NAOさん
そうですね! 雪が積もっているときは、街灯の光が反射していつもより明るいです。そんな雰囲気も冬らしくて好きです。体に押し迫る寒さが、ロンマチックな気分はさっさと追い払ってしまいますが(笑)。
雪が積もると、NAOさんちは屋上に上るときに大変そうですね。昨日の雪は重かったから、せっかくの鳥避けが重みに耐え切れなくて残念でした。
雪が降っているときより、翌朝の凍結が怖いです。確実に滑りますからね。週末はまた雪なのかなー。

◆feliciaさん
まさに雪が落ちているという言葉がピッタリです! 直径1.5~2cmのどか雪がどんどん降っていました。「これなら雪の粒が写真に写るな」と確信して、iPhoneで撮りました。
どか雪だと、あっという間に傘の上に雪が積もってしまい、重くなっちゃうんですよ。だから、傘をバサバサ振って雪を落としながら歩いていました。
本当はもっとサラサラと静かに降る雪のほうが好きです。どかどか降る雪は濡れちゃうし、こんな状態で濡れると、それはもう寒いですからー。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ