コマツナも育っています

コマツナ
前回(こちら)から約3週間経過しました。
コマツナらしくなってきましたね。
植木鉢のコマツナは発芽がまだらだったせいか、それ以降の生長もなんとなく揃っていないように感じます。
問題はそれよりも…。
アブラムシ!!

アブラナ科の野菜(コマツナもアブラナ科です)にはアブラムシが付きやすい。
それはじゅうじゅうわかったうえで、どの程度スゴイのか実験してみたくなったのでした。
我ながら余計なこと考えるな~。

今までもっともアブラムシに好かれたのは春栽培のルッコラでしたね。
あそこまでいくのだろうか、というのが今回の実験のメインテーマです。

テントウムシの幼虫がいついたので、アブラムシをどのくらい食べてくれるのかを観察するのが第2のテーマ。

それがですね、テントウムシはどこかへ行っちゃったのです(涙)。なぜだ~? 何もない床の上は歩いているのに~(>_<)

今日は、ヒラタアブの幼虫らしきものを発見。これもアブラムシを食べる益虫と言われていますが、今までの経験ではそんなに食欲旺盛って感じでもない気がします。

アブラムシはビッチリはびこり、エカキムシまで活躍している有様。
このコマツナたちは食べられるの?
あうぅぅ。心配になってきました。
ま、コマツナは加熱して食べられるから、なんとかなるでしょう。

エカキムシはピンセットでかき出し、葉をぱしゃーっと洗って水圧でアブラムシを洗い流しました。
どうしようかなぁ…と悩んだけれど、結局アグリクールを散布しました。
今後はアブラムシは多少減るでしょう。

次からの栽培はちゃんとネットを被せなくちゃいけませんね。
 
----------
【コマツナ】関連記事

この記事へのコメント

2006年06月01日
ももさん、こんばんは(o^v^o)
私のblogに書き込みに来て下さってありがとうございました。

てんとう虫やヒラタアブの成虫や幼虫、たくさんアブラムシを食べてくれるのは確かなんですよ~☆
でも、その前にやっぱりアブラムシが増えないと益虫たちももっとたくさんえさがある場所へ移動しちゃいますよね。
それに目に見えてアブラムシが減ったと感じるのは幼虫がだいぶん大きくなってからです。
なので野菜など食べるものは益虫だけを頼りにするのはちょっときびしいかなぁと思うんです。
あっ、これは私個人の意見ですが・・・(;^〇^)ゞ
次の対策が効果あるといいですね♪
2006年06月01日
◇アンジェラさん
まぁ、来てくださったんですね! ありがとうございます。
テントウムシの幼虫はですね、コマツナ付近にいるものはすでに脱皮してテントウムシの形に近づいてお亡くなりまになっているのを発見しています。他の場所のはまだ幼虫のままですね。
やっぱり益虫だけを頼りにするのは虫が良すぎるんですね。
そうですよね~。そんな気がとってもとってもしていました。
せっせとアブラムシを退治する生活に戻ることにします。( ̄0 ̄)〇!

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ