トレンドから外れちゃった

久しぶりにセントラルローズのトレンディのページを見てみたら、「※※生産終了※※」と書いてある!

ちょっとショックでした。
今までにも、ピンクマシュマロをはじめ、いろいろな品種が生産終了になってきたから、「またか」という気持ちもなくはないんですが…。でも、自分が可愛いと思って買ってきたミニバラが生産中止となると、不要の烙印を押された気分でガッカリしちゃいますね。

この機会に、トレンディがどんなミニバラかと説明しますと…。

クリアなピンク色がとっても素敵なんです。もちろんそれだけではなく、花びらぎっしりのカップっぽい花形も房咲きになるところも、従来のミニバラのイメージとは違って魅力的。花びらが日焼けせず、変色しにくいのもポイントが高い。花にしても樹形にしても、あまりお乱れあそばさないのもいい。そんな性質だから、いつでも写真写りがいい。直立性の樹形も、狭いスペースで栽培している私には好ましい。

マイナスになるところは、花が開きにくいところ。初年度は一度も開花させられなかったもの。
それと、うちではハダニのダメージから回復するのに一番時間が掛かったので、あまりタフな性質ではないのかもしれない。バラに限ってとても敏感な私の鼻でさえ無香と感じるくらい、香りが感じられない。花が長持ちする代わりに、なぜかあまり生気を感じない気もする。

こうして文章で書いてみて改めて思うのは、お行儀良くて可愛いことが前面に出るんだけどなー。生けていた花が発根したこともありましたね(「あらまぁ、こんなところから」参照)。ベーサルシュートが出にくいってこともないし、じっくり付き合いながら樹形を作っていけそうな気がします。

実は私、年賀状のデザインを毎年数パターン作るんですが、今年はそのなかの一つにこんな写真を使いました。



もちろん、トレンディです。
ね、申し分なくラブリーでしょう?

もう入手できないのだから、これからより一層大事に育てなくちゃね。

この記事へのコメント

由莉まま
2011年02月25日
ももさん、こんばんは。
トレンディ、とってもラブリーです。
新しい品種ができていく中、どこかで終わってしまう品種がないと、数が増えすぎて…ということなんでしょうが、お気に入りが生産中止になるのはやっぱりさみしいですね。
これからも大事にしてくださいね。

もも@管理人
2011年02月26日
◆由莉ままさん
「生花のまま髪に挿してもいいかも♪」と思えるのが、トレンディの可愛いところなんですよー。
圃場には限りがあって、新品種も毎年出てくるんですから、一方で生産中止になるものが必ずあるわけですよね。理解はしているんですけどね…。
それに、気になるミニバラがいつまでも市場にあるわけではないということでもあるから、欲しいと悩んでしまうことにもなってしまいます。^^

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ