熱烈歓迎の新芽

2年前の植え替えのときに、ロイヤルホワイトの1つに根頭がん腫がありました。今回(昨年12月)の植え替え時にはがん腫はなくてひと安心。



昨年、がん腫があった方向には芽が伸びませんでした。もともとの枝は先細りで元気がなくなってしまったので、根元から切ってしまいました。
今年は、元ベーサルシュートとサッカーを残しました。芽を伸ばしたい方向を考えた結果、私にしては枝を長めに残したのだけど、吉と出るか凶と出るか、果たしてどうなるでしょう。



かなり下のほうに、期待の新芽を発見!
これが順調に伸びたら、がん腫のあった方向に枝ができそうです♪
頑張って伸びてねー!!


おまけ



この季節になっても、なぜかまだ赤いトゲがありました。新芽と同じ色をしてますね。
赤い新芽があっちにもこっちにも♪ 新芽が膨らんでくるこの時期は、毎年ワクワクします♪
この様子だと、このロイヤルホワイトはちゃんと育ってくれそうですね!


[関連記事]

この記事へのコメント

2011年02月28日
新芽がポチポチポチポチといっぱいついて・・・
がん腫の影響はもう皆無ですね!
やっぱきちんと剪定してる株は見てて気持ちいいなあ。
(と云いながら、ウチはもう剪定あきらめるかぁ、と半ば以上思い定めつつあります^^)
もも@管理人
2011年03月01日
◆Hirokazuさん
もう諦めちゃうんですかぁ?
諦めるには早いんじゃないかなーと思うんですけど、お忙しそうですものね。
それでもバラは咲くってところを見せていただけるのも一興ですしね!

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ