ルポ:アカオハーブ&ローズガーデン(2)

日本一大きな盆栽
お目当てはもちろんバラなんですけど、とりあえずはバスで一番上へ。
かる~く曾我神社(神社というより祠の残骸という雰囲気でしたが)を見て、日本庭園「天翔」へ。

崖の下は海です。見晴らしが良い山の上の庭園。資材を運んで庭園を造るのは大変だったでしょうね。
日本一大きい松の盆栽が中央の松で、周りには電気仕掛けでゆっくりと回転する盆栽も。
盆栽の世界はよくわからないけど、日本一の冠を取るのはやはり半端じゃないってことなんでしょうね。

こんな山の上でどうやって管理しているんでしょう。
盆栽の周りだって、一応かいてあるけれど、山の上では風も吹くでしょうし、鳥や動物も荒らしそうです。
京都の銀閣寺でさえ、タヌキが足跡を残していくので、毎日庭かきをすると聞いたとこがあります。

続いては、シークレットガーデン「ピーターの隠れ家」へ。

ウサギのピーター君が目印ウサギでピーターといえば、ピーターラビットのことなんでしょうね、やっぱり。赤いベストを着ているしね。

このなかは、細い小道がなが~く続いています。
隠れ家というだけあって、本当に細いので、枝をよけたりちょっとかがんだりして歩きました。

途中で、単3乾電池よりひと回り大きくて真っ黒い毛虫が目の前をはだかったので、「んもぉ~、虫はニガテなんだってばぁ~!(>_<)」と独り言を言いながら、私は退散…。
 
 

「イギリスで見たシークレットガーデンは入り口から奥が見えないだけで、中は別に狭くなかったんだからぁ」と文句を言いつつ、脇道にそれました。
無茶苦茶言ってるな~って十分わかってるんですけどね…。
毛虫は住人で、私はただの通りすがり。ここは日本でイギリスがどうだろうと知ったこっちゃないってね。

0623-3.jpgそのまま進むと小道が車道とは別のルートの下り道となります。

爽やかな天気の日だったら、この下り道は気持ちよく歩けそうな所でした。
梅雨に入っていたこの日は、汗をにじませながらの散歩でしたけどね。


0623-4.jpgやっと見つけたベンチ。
ふうε- ( ̄、 ̄A)

しかも、やっとローズガーデンらしい景色。
格好の撮影スポット。

周りに何本もバラが植えられているので、ここだけはバラの香りに包まれた特別な場所でした。

みんな考えることは一緒なのか、ちょっと休憩して、「あ~、いい香りねぇ」としばしウットリしてから、次の人と交代という感じでした。

まだ続きます...

この記事へのコメント

2006年06月23日
お天気が良さそうですねー
私が行った時は雨に降られてのんびりって感じじゃなく、夫と両親にせかされました(^^;)
しかもバラが咲く前だったので少し寂しい感じ。
それでも色んな自然の香りを堪能出来て楽しかったけど、ももさんはどうでしたか?
2006年06月23日
◇ひぃ~さん
晴天に見えるのは、レタッチのせいです…(^_^)ゞ
薄曇でしたよ。
とにかく蒸し暑くて~(>_<)
バラの盛りはちょっと過ぎてしまっていたけど、写真を撮って楽しむには十分でした。
そう言えば、香りの強いバラは少なかったかも。
久しぶりにハイキングした気分でした。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ