蔓が巻きつく

エダマメエダマメって、蔓なんですね~。
無知って怖いなぁ。ええ、私のことですよ。σ( ̄▽ ̄o)

八百屋さんで売っている枝豆は、しっかり自立した茎に見えたんですけど、こんな柔らかい蔓だったとは。

支柱を立てたら、自然と巻きついていきました。
朝顔を思い出しますね。
この等間隔の巻きつき方、曲線、なんだか芸術的だな~。

知人からは、「昔はエダマメは田んぼの境界線に植えるものだったくらいで、特段世話をしなくても育つもんだよ~」と聞いていたんですが、何分始めての栽培なので、つい世話を焼いてしまいます。


 
余談ですが、蔓つながりで、つるバラの話を…。
つるバラは自然に巻きついてはくれません。
トゲのたくさんついた、さして柔らかくもない蔓(…というか茎にしか見えない^_^;)を人の手で誘引しているんです。
誘引作業を間近で見たことがありますが、力もいるし大変そうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ