夏のトラブル-1

スリップスの被害にあったロイヤルホワイト

夏になるとやって来る虫、スリップス。黒い糸くずのような小さなボディで、花びらの表面を滑るように素早く移動して花の奥に潜ってしまう厄介なヤツです。

色の薄い白やピンク色のバラに好んでつくとか。うちでは、もっぱらロイヤルホワイトに出没しますね。被害は、白い花びらを茶色く汚すこと。スリップスは花びらから汁を吸うそうです。吸われると、花びらにシミができちゃうんです。

美観を損ねるので、できればいてほしくない害虫ですね。でも、どこから来るんだか、いるんだな~、これが。

今年は今のところ大きな被害は出てないので、この程度の写真しかありませんが、○印の中がシミになったところです。もっと広範囲に被害を受けることもあります。そうすると、時節柄、しばらくは摘蕾することになりますね。

あまりに素早いので、捕まえるのは至難の業です。まれにピンセットでつかめることもあるけど、たいていはムリ。なんて言いつつ、今日は1匹捕獲。ミニチュア・クラフト制作で鍛えた(?)ピンセットさばきを侮るなよ、スリップス!( ̄ヘ ̄)v

セントラルローズでは、花は捨てて、オルトランを散布するようにすすめていますね。まいたことあったかな? …ないかも。

あ、減農薬でやってるんだから、それでもいいのか。Σ( ̄□ ̄;)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ