追熟とつれづれ

緑色のまま収穫したパフリカが2つ。

1つは緑色のまま食べてしまいました。普通にピーマンとしておいしかった♪
もう1つは、台所で常温保存していました。あ、放置とも言う?^^;



そうしたら、見事に全体がくまなくオレンジ色になりました!
これも追熟って言うのかな?



去年の12月は、仕事のスケジュールが結構忙しかったのです。今年は全然理由は違うのに、やっぱり忙しいー。私でさえ忙しいのだから、師も走るわけですよ。師走の最中、師匠に会いに行く予定もありますし(笑)。

ガーデニングの記録として書いておきたいことがいくつかあるので、今日こそ書いちゃおう。


えーと、まず1つめ。
パプリカをそろそろ撤去しなくては思い始める時期になってから、黒いアブラムシが集団で発生しました。今年初のアブラー軍団です。でも、結局、黒いの以外は来なかったなー。黒いのは手ごわいので、株ごと廃棄。

実は、検索ワードについて記事を書くときに気が付いたんですけど、アブラムシが少ないという内容で検索している痕跡がありました。やっぱり今年は少なかったのね。害虫なんだからいないに越したことはないけど、放射能の話題が尽きない現状での出来事だから、手放しでは喜べない。

2つめ。
テントウムシは元気に飛来しています。まだ暖かいせいか、普通にベランダにやって来て、しばらく滞在して、いつの間にかいなくなっています。
と書きたかったけど、昨日からもう冬の天気! さむーい。>_<
iPhoneが毎日、消費電力90%超のメッセージを出してます。なのに、世間はもう騒がないのね。あの夏の節電騒ぎは何だったんだろう?

3つめ。
私は12月にミニバラを植え替えすることにしているので、もう土を用意しなくちゃとわたわたと注文しました。今年は、新しくなったバラの家・薔薇の土にしました。

今年使っているピーキャットフワラーの土は団粒構造が壊れず、粒が小さめなこともミニバラにとても合っていて、私との相性もすごく良かったんだけど、何というか、まぁ…浮気?^^; というのは半分冗談で。放射能検査の結果報告書が掲載されていたから、バラの家・薔薇の土をチョイスしました。私の場合ミニバラだけでなく野菜にも使うので、こういうことも無視できないのです。なんか悲しいね。

4つめ。
秋の追肥をしなかったミニバラは…ほとんど咲かない! そうかー、そうだよねー。勉強になった。^^;
それでも咲くミニバラは、よく咲く性質いうことかな? 追肥なしで咲いたのは、チュチュ、レッドバローム、ファッションパレード、ピッコロ。ロイヤルホワイトはかろうじて1輪花が付いたのだけど、うどんこまみれになってしまったので、咲かせずカットしてしまいました。ピンクマシュマロは肥料をいっぱい欲しがるみたいだからさもありな…あれ、ピンクマシュマロだけは追肥したよ! なのに、咲いてない!?

5つめ。
今年は、1年を通してうどんこ病が少なかったんです。
理由は1つではないと思うけど、もしかしたらキトサンが効いているのかもしれない。「病原菌を抑える放線菌が増加します」という宣伝文句に期待して、去年から使うようにしているんですよ。バイオゴールドバイタルのように目に見えて効いている感じはしないから、すぐ忘れちゃうんだけど(笑)。でも、今までのように花首が真っ白のパウダー加工みたいになったり、あっという間に蔓延したりしないのは、キトサンの効果なのかも。
うどんこ病が発生すると、いつものようにアルコール含有ウエットティッシュで吹き取っています。でも、この秋は2回だけしか拭いてないんですよ。ミストラルがうどんこ王子(笑)なのはいつも通りだけど、それが他のミニバラに広がっていないのだから不思議!
うどんこ病が蔓延しないからって手抜きしていたら、ハダニはしっかり繁殖してた(笑)。


とりあえず、あと2週間は忙しい。その間、何回ブログを書けるかなー?
自分のブログは書かなくても、ひと様のブログは欠かさず読んでますので、コメントしに行きますからねー。(^_^)/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ