移植後のレモンタイム

ニチニチソウのハンギングに植えていたレモンタイムを、ビニポットに移植しました。作業自体はずい分前なのだけど、ひと段落ついて気持ちに余裕が出てきたので、手に取ってまじまじと眺めました。ポットでもちゃんと根付いたみたいです。



植えた初夏の頃は、長さ4cm程度の挿し穂だったんですよ。
ハンギングの環境が気に入ったようで、肉厚の葉をモリモリ増やしながら元気に育ち、こんなにボリュームが増えました。

元気な植物を見ていると、こっちも元気が出てきますね。^^

植物なら、肉厚むちむちボリュームたっぷりで大歓迎なんだけどねぇ。それ以上は語るまい(笑)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ