初めてのサトイモ収穫!!

サトイモを掘り上げることにしました。
初めてのことなので、ワクワク♪ドキドキ♪です。
一体、何個取れるでしょうか?

コンテナの幅くらいの直径がありました
2本あるうちの、大きいほうから掘ることにしました。
最初に地上部の茎を切ります。
芋がどの範囲にあるかわからないので、芋を傷つけないようにそーっと手で土を除けていきました。そーっと、そーっとね。
気分は遺跡発掘♪ あ…いや、別に遺跡発掘をやったことはないんですけどね。気分だけ、そんな感じ。
途中コガネムシの幼虫を何匹か見つけて怯えつつ掘り進むと、芋の様子が見えてきました。
幅20cmのコンテナに目一杯育っていました。おお!(*^▽^*)/

 
片手で持つのがやっとです
ざっと土を払ったところです。
片手で支えきれなくて、芋が1つもげてしまいました。
真ん中の茎の下が親芋。その周りを囲むように大小の芋がくっついています。
いくつ付いているんでしょうね!
こんなにたくさんあると思わなかったな~!
私にとって、これは豊作ですよ~。(〃^∇^)ノ♪

まだ塊です土を洗い落とすと、芋の一つひとつの形が見えてきました。
思ったより大きな芋ができています。うひょひょ~い♪
この状態を見るのは初めてなので、なんか感動します。
根っこって、こうやって生えてたのね~。
太くてつるつるしています。細根が先端のほうに少ししかありません。


根っこが触手に見えちゃいました(笑)
根っこが触手に見えて、なんかおかしくなっちゃいました。

こうやってくっついてるんですね
芋を一つひとつ丁寧に外していくと、子芋の外に孫芋ができていることがわかりました。
コンテナでここまでできたら上等なんじゃないっ!?
一人でテンションがどんどん上がっていきます。
よくここまで育ってくれました。
ほとんど手をかけていないのにね。
世話といっても、約半年、枯らさないように水を遣っていたくらいですから。

こちらには2つの子芋が
小さいほうも掘り上げます。
こちらは親芋の両脇に子芋が2つ。
地上部があまり生長しなかったから、芋ができているか不安でしたが、ありましたね!
そもそも深くもないプランターじゃこのくらいしかできないんじゃないかと思ってたんですから、上等上等♪

これだけ収穫できました
さぁ、全部の芋を洗って、数を数えてみましょう。
うんと小さいのも入れると、25個あります。
すごーい! こんなにとれるとは夢にも思っていませんでしたよ~♪ヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆
だって、元は、台所の隅で芽を出していたサトイモ2個ですよ?
サイトモありがとー!! この秋一番の感動だわ~☆ミ

立派な芋ができて嬉しいよ~(*^▽^*)ノ
一番大きな芋はこんなに大きかったんですよ。
市販品と比べても遜色ないでしょう?
こんな大きな芋が土の中で育ってたとは。
驚いちゃいますね~。

残る問題は味ですね。
芋の味がわかるシンプルな料理を作るとしますか。
食べたらまたご報告しますね。

この記事へのコメント

2006年11月15日
すんごい楽しそう!
イモは掘り出すまでわかんないのがイイですね!
(ハズレの時のショックも大きそうだが..)

芋はないけど、遺跡発掘は、やったことあります!
めちゃくちゃ楽しいですよ!.....何か出た時は。
2006年11月15日
◆Hirokazuさん
えぇーっ、遺跡発掘したことあるんですかぁーっ!?
すごい。芋掘りは誰にでもチャンスがあるけど、遺跡掘りは…。
(掘っちゃいけませんね)

去年はサトイモが土の中で腐っただけだったので、今回のリベンジがこんなにうまくいって、ウホウホです♪
収穫するとき、果菜や根菜のほうが葉もの野菜より楽しいですね。
2006年11月17日
そうなんです...葉モノはなんか盛り上がりに欠ける..(-_-;

でも「土の中で腐っただけ」はショックですねー!
それは確かにウホウホ倍増ナットク!
2006年11月18日
◆Hirokazuさん
サイトモは1年に1度しかチャレンジできませんから、リベンジするには次の年まで待たなくてはいけなかったんですよ。
その分、喜びは大きいです♪
今日もサトイモ料理です。
もちろん、おいしいですよ~(*^ー゜)ノ

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ