ウルトラなヤツが来て一変


の続きです。


排気がきれいな掃除機を買わないことには、安心して掃除機を掛けられない事態となってしまいました。

掃除機を掛けるのがコワイ ⇒ とかいっているうちにほこりが溜まる ⇒ もっと怖くなる…という悪循環。ほうきとクイックルのウェットシートだけではやっぱり足りなくて。

ここまで来ても、なかなか決心が付かなかったのは、値段、サイズ、重量、どれを取っても立派だったせい。どっちかというと、掃除機に速断でポーンと10万円出せない家計による問題。ま、それはいかんともしがたい…ねぇ(汗)。

なるべく小ぶりでリーズナブル、でも最低限の性能のあるモノを…ということで、やっとのこと決めたのがコレでした!

130130-1.jpg

エレクトロラックスのウルトラサイレンサー!
今は型落ちしていて、普通に売っていないかと思います。

名前といい、メタリックな色といい、何だか青いウルトラマンみたいなんだけど。むむぅ。

「えぇー、そこがカッコいい!」

そ…そう? じゃあ、この際、色形は目をつぶることにするわ。
ってことで、あっさり気にならなくなりました。

事前にレビューを読んでいたので、初めての外国製は戸惑いそうだと心していました。実物を使ってみると、やっぱり戸惑いましたよ。まずは、スイッチ。



かかとでガンと踏み込むようにできてる。

掃除機のスイッチを足で操作しようものなら、親から引っ叩かれてきた身。それがこの掃除機の仕様とはいえ、なんかドキドキ、ビクビクしてしまうんですよ。さすがに最近は慣れてきたけど…。^^
スイッチのON/OFFのために、スリッパを脱いでいます。そうでないとうまく押せないから。



排気は真上に出るようになっています。

初めて使う時、あえてマスクをしないで掃除してみることにしました。
すっごい緊張感だった。初めてプールに飛び込んだときより緊張した。手にはシムビコート(薬)をしっかり握りしめて、スイッチON…!

吸い込む空気の音は派手にするけれど、確かにモーター音は大きくない。真上に出る排気量が結構多い。

…平気! 鼻も気管支も平気! 普通に呼吸できるっ! 全然苦しくない! マスクしなくても普通に掃除機を掛けられる! 掃除機が違うだけで、こんなに違うなんて! 恐れる必要がない生活が返ってきた!!

買うまで心の中ではいろいろ葛藤もありましたが、いいモノにたどり着くことができました。

買う前に気にしていた重さなんですが、これも意外と平気でした。家電量販店で興味半分にいろいろな掃除機を持ってみたけど、ヘッドだけが妙に重いとか、本体を持ち上げた時に、てのひらに重さがぐっと来るものが多いんですが、ウルトラサイレンサーはハンドルが太いせいか持ちやすいし、全体的なバランスがいいんだと思います。余談ですけど、カメラも重量がそこそこあっても、バランスがいいと持っていられたりしますからね。



掃除の途中で、ひょいと立てておける構造も便利です。筒の部分が金属だから、ぽいっと手放せないからこれは本当に便利。

紙パックにはスライド式のフタが付いていて、ゴミ捨ての時に閉じるようにできているところもイイです。


そんなわけで、かれこれ2年半くらい使っていますが、今でもマスクなしで掃除ができています。掃除機の性能ってこんなにも違うんですね。

主治医には、「空気清浄器は当てにならないし管理が面倒だから、それより掃除機のほうが大事だね」と言われました。ホントですねー。

2月になると、スギ花粉が飛び始めますよね。マスクなしでは掃除機を掛けられなかった頃は、花粉シーズンの掃除も憂鬱でした。窓を開けて掃除機を掛けると、スッキリするどころか、むしろ苦しくなるというジレンマに陥っていましたからね。今では、前より気分が楽です。でも、そろそろ窓を開けるときはマスク着用だなぁ。鼻が反応し始めている気がする。



かつての私のようにご自身が、あるいはご家族のほこり・ダニアレルギーで悩んでいる方がいらしたら、春一番が吹く前の今のうちに掃除機を変えてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、私のように生活が一転するかもしれませんよ。

あ。エレクトロラックスの掃除機でも、スティック型とハンディタイプは構造が違うのでご注意。キャニスタータイプが性能の良い掃除機です。現在は、エルゴスリーiconという商品を展開中のようです。

エレクトロラックス ショップ
今はケトルとトースターがオマケで付いてくるみたいですよ。


こんなに大喜びで使っていた掃除機を実は先日ちょっと壊してしまって、2週間ほど使用できなくなっていました。orz
凹むしグレるし、壊したのは自分自身なのにタチが悪い。^^;

ないと困るので、これからは一層大事に使っていきます。ありがたみが今一度確認できました。
(ここまで長々と書いてきてアレですが、今でもスラスラとエレクトロラックスと言うことができません。^^;)




この記事へのコメント

2013年01月31日
力作レポートお疲れ様でした。
すごいですね、掃除機って色々と「そういうもの」だったのかと驚きました。
私は今のところ杉花粉のみですが、世の中アレルギーが充満しています。
facebookのいいね!ボタンからfacebookの友人たちに情報を拡散させていただきました。
もも@管理人
2013年01月31日
◆加藤さん
長い文章を読んでくださってありがとう!
しかも拡散していただいて…。

私は十分大人だし自分自身のことだから、忍耐とか諦めとか、そんなものの折り合いがつくところを自分で探せるけれど、小さいお子さんの場合は家族じゅうを巻き込んで大変なようです。

日本の掃除機がどうダメなのかは、ググると湯水のように出てきて失望してしまいます。国内大手某メーカーはエレクトロラックスと同じフィルターを使っているのに、排気の一部しかフィルターを通っていない(多くはフィルターを通る前に排気されている)から意味がない…とかね。

日本のメーカーにも、アレルギー患者が安心して使える掃除機の性能に関心を払って欲しいものです。アレルギーに悩む人はきっとたくさんいるはずですから。

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ