ミニバラ植え替え中

ミニバラの植え替えをしています。
残りはあと1鉢。
もったいぶらずに、さっさと終わらせなさいって?
ははは、おっしゃる通りです。

植え替え作業をしていると、つい頭の中が「ミニバラ栽培2006年を振り返る」って感じになってきます。
というわけで、振り返ってみま~す。


2006年は、蕾が膨らんだ頃にミストラルがウドンコ病を発症し、1週間あまりのうちにすべてのミニバラへ広がっていきました。
(この1週間に集中的に治療すれば良かったのですが、アバウトでした…)

一番花の開花とウドンコ全盛がほぼ同時。
石灰硫黄剤は効いてないんじゃないのと、恨み節の日々。
二番手に開花した花は、ウドンコのために花びらが痛んでいるものが多かったです。

二番花は遅れ気味だったな。
ウドンコがいけなかったのか、日照時間が例年の60%程度と報道された気候のせいだったのか、はたまた私の管理の仕方のせいだったのか(お願いだから、それはないと言って…(>_<))。

秋にも、ウドンコ復活。
でも、出たり消えたりの繰り返しで、春ほど深刻な症状にはなりませんでした。
いろいろ試したので、どれが効いたのか、よくわからずじまい。
まめにスプレーしてウドンコ対策にいそしんだお陰で、おととし悩まされたハダニの被害は少なくて済みました。
花は全体的に少なめでした。
特に、春にはあんなに咲いたピッコロが振るいませんでした。なぜなんだろう?
枝は増えていい感じになってきているのにね。

冬になって油断していたら、またウドンコ復活。
ミストラルとロイヤルホワイトの新しいシュートが被害を受けています。
最近構っていないので、これはまだ治りきれずにいます。

こうして振り返ると、ウドンコ病に悩まされた1年だったんですね~。
アブラムシは年々増えているけれど、それでもまだ1年に20匹くらい。
ハダニは気をつけないと、すぐ増えますね。なかなか減らないし。
ベランダという環境のお陰で、黒点病と虫の被害が少ないのが救いです。
コガネムシの幼虫もいなかった。ほっ。
(野菜のコンテナにはいるんですよ~)


そろそろ、どこで剪定するか、決めなくてはいけませんね~。
とても悩むけれど、どこか楽しい作業です。

え? それより、植え替え終わらせるのが先?
はい。その通りです。その通りなんだけど、ごにょごにょ…。

この記事へのコメント

2007年01月30日
2006年はウドンコの当たり年だったのでしょうか?
ウチも特に秋からは目もあてられない状態...。
こんなにウドンコに悩まされたのは初めてな気がするぐらい!
今日も部屋の中のバラに新たなウドンコが....

別記事ですが、チョコレート、オイシそうな色あい!
でもやっぱりお店のテーブルで撮ってるのを見たら、
きっとワタシも思いっきり胡散臭そうな顔で見ちゃうだろうなぁ...(((((^_^;)
2007年01月30日
◆Hirokazuさん
ああ~、Hirokazuさんにも逃げられている~(笑)。

去年は、ウドンコ当たり年だったんですかね~。
夏野菜の生長も良くなくて、天候不順をしみじみと感じた年でした。
暖冬で始まった今年はどんな年になるんでしょう。
きっと、桜の花の色が薄いんじゃないかな~。
バラにはどんな影響が出るかしら?
いろんな意味でドギドキですね。

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ