英園芸誌が選ぶ香りのバラTOP10

イギリスの園芸愛好家向け週刊誌が運営するサイト「Amateur Gardening」に気になる記事が載っていたので紹介します。

記事の紹介の前に…。
ガーデニング誌が週刊だっていうことに驚きました! 日本じゃNHKでさえ月刊誌だし、他の多くは季刊誌ですものね。タイムリーな情報を得るには週刊誌っていいなー。イギリスの出版事情は知らないけれど、日本では広告収入がないと出版できないから、月刊すら難しいのが現状でしょうね。

さてさて。
今回取り上げたいのは「Top 10 roses for scent」、つまり香りの良いバラTop10です。
ランキング形式にはなっていないので、10選と言ったらいいんでしょうか。

さあ、ロザリアンのあなた!
イギリスのガーデニング誌が選ぶ香りのバラ・ベスト10に何が入ると思いますか?
予想して胸を膨らませてから、続きを読んでくださいねー♪^^


 





Amateur Gardening が選ぶ香りのバラTOP10!

※画像は方々からの借り物です。<(_ _)>


 ‘Louise Odier’ ルイーズ・オディエ


【バラ苗】 ルイーズオディエ (B桃色) 国産苗 新苗 6号角深鉢品 ● 【オールドローズ.ブルボンローズ】 - バラの家

--いきなりオールドローズが来ました! これは確かにね。


 ‘Madame Isaac Pereire’ マダム・アイザック・ペーリエ

130712-01_mme-i-pereire-gubala.jpg
Moje róże – moja pasja


--これもブルボンローズ。私はこのバラを見たことがありません。オールドローズのことは不勉強で、ほとんど知らないからね…。篠宮ばら園では取り扱っているようです。


 ‘De Resht’

130712-02_De Resht.jpg
Ein Schweizer Garten


--デ・レシトと読むのでしょうか? 起源がよく分からないくらい古くからあるバラだとか。


 ‘Professeur Emile Perrot’ (syn.‘Kazanlik’)  プロフェスール・エミル・ペロ (カザンラク)

130712-03_Kazanlik.jpg
Petrovic Roses


--バラの谷の名を冠しているくらいですから!


 ‘Jude the Obscure’ ジュード・ジ・オブスキュア


【バラ苗】 ジュードディオブスキュア (中ER杏黄) 輸入苗 大苗 6号鉢植え品 □ 【イングリッシュローズ】 - バラの家

--私にも分かる新しいバラが入りました! イングリッシュローズ(ER)のフルーツ香の代表格。


 ‘Quatre Saisons’ クウォーター・シーズンズ

130712-04_Quatre Saisons.jpg
jardipedia


--世界最古のバラの一つと書いてありました。


 ‘Great Maiden’s Blush’ グレート・メイデンズ・ブラッシュ

130712-05_Maidens_Blush_Great.jpg
Petrovic Roses


--アルバローズ。


 ‘Sir Frederick Ashton’ サー・フレデリック・アシュトン

130712-06_Sir Frederick Ashton.jpg
flickr.com


--この中では唯一の純白の花。


 ‘Gertrude Jekyll’ ガートルード・ジェキル

130712-07_gertrude-jeckyll-rose.jpg
Moosey's Country Garden


--「典型的なバラの香りといえる、バランスの取れたオールドローズ系でもっとも濃厚に香るひとつでしょう」と、デイビッド・オースチン社の公式サイトにも書いてあります。


 ‘Madame Alfred Carrière’ マダム・アルフレッド・キャリエール

130712-08_MadameAlfredCarriere.jpg
Andrea Fisher


--イングリッシュローズ。「ティーとフルーツの混じった香りの中香」だそうです。そんな記憶があります。


* * *


というわけで、オールドローズが圧勝です。
それはそうだわー、香りでオールドローズにかなうはずがないですよね。納得。

いかがでしたか? あなたの予想はどのくらい当たっていましたか?
いっぱい当たっていた人は、熱狂的なオールドローズファンでしょ?^^

ERが3つ入っているあたり、さすがイギリスってところですかねー。3つとも香りが違うのも、なかなか興味深いです。

私は良い状態のジュード・ジ・オブスキュアを嗅いだことがないので、改めて悔しいー。o(≧~≦)o
人生を損している気がするー。(大げさ)



記事の最後に、The best places to see (and sniff!) roses…バラを見て嗅いで楽しむのにオススメの場所として、下記が紹介されていますので、併せて載せておきますね。


Mottisfont Abbey
Hampshire
01794 340757,
http://www.nationaltrust.org.uk/mottisfont/


Sissinghurst Castle
Kent
01580 710700,
http://www.nationaltrust.org.uk/sissinghurst-castle/

Coughton Court
Warwickshire
01789 400777,
http://www.coughtoncourt.co.uk/

Castle Howard
North Yorkshire
01653 648333,
http://www.castlehoward.co.uk/


時間とお金を用意できる人、明日にでもいってらっしゃーい!! 今ならまだイギリスはバラが楽しめるシーズンですよ! 香りはその場に行かないと味わえませんからねー♪(^o^)/


Top 10 roses for scent - Amateur Gardening

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ