葉っぱに見とれる

名無しのピンクのミニバラです。
ほれぼれするくらい元気良く生長しています。
まだ赤い縁取りが付いた初々しい葉っぱも元気。自由に曲線を描くように伸びる茎も、健在です。
先端にはちらほら蕾が見えるようになりました。
今年もブラインドがなく、咲いてくれそうな雰囲気です。
葉っぱだけの写真なのに「キレイだな~♪」と思ってしまうのは、オーナー馬鹿のなせるわざなんでしょうね~。



この記事へのコメント

2007年04月11日
好きなもの、いとおしいものはどこを見てもほれぼれしてしまいますよね。
ももさんのその気持ちわかります♪
2007年04月11日
ももさん、写真のミニバラ、ほんとにきれいですよ。
生き生きと伸びた新しい枝は、ほんとにほれぼれしますもの。
私も同じ気持ちです。
2007年04月11日
きれいな葉っぱをながめて幸せ~(^o^)っていう特別な気持ちは育てている人ならではのもの。
大いに楽しみましょう。
私も「おぉ、美しい葉っぱたちだー」と株を見つめています。

ももさんも感じられている通り、うどんこに強い品種・弱い品種、ありますね。
もちろん環境にもよると思うのですが。
うちのベランダではシーズンはじめの現在ですでに明暗分かれています(・_・;)。
2007年04月11日
◆nayamomさん
愛おしく感じるまで、多少時間がかかったんですよ、実は。じわじわとわいてくるものですね。今じゃすっかりはまってます。
2007年04月11日
◆由莉ままさん
わぁ、ほめてくださって、ありがとう!
自分でもなかなかキレイに写せてご機嫌だったんです。
生き生きとしている様子って、心が動きますね。
2007年04月11日
◆ゆりさん
この名前のないミニバラはウドンコに強いんですよ。葉っぱもどちらかというと肉厚で硬めです。
シーズン初めから明暗分かれますね。うちでは、ミストラルがすぐウドンコにかかり、他に撒き散らす困ったちゃんです。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ