まだこれから

最初はとっても順調に見えたミニバラの生長が、夜間の気温がぐっと冬並みに下がった後から、ちょっと怪しくなってしまいました。出開き、ブラインドが一気に増えてるんですよ…。ジュビリー陛下もそう。ボールガール嬢は全然そんなことなくて、私が柔らかいシュートをうっかり折ってしまった以外は順調。

どう考えても伸びそうにないところや、そもそもそこはマズイでしょうと思う場所は、芽を取ってしまったり、先端をピンチしたりしていました。悩むところはそのまま放置。ミニバラの樹勢が強ければ、もう一度芽が出てくるはず。今までの経験どおりなら…ね。

140425-1.jpg

ほら! 先端がダメになっても、芽が膨らんできてますよ。これを待ってました! きっとソフトピンチをしたかのような枝になりますよ。

140425-2.jpg

ここなんて、ぎゅうぎゅう。

140425-3.jpg

ここは、ソフトピンチをして、生長を期待しているところ。

どこも芽が似たようなサイズだから、一気に蕾になるかも? そんなうまいこといくかな?^^

140425-4.jpg

シュート発見。存分に伸びておくれ~。実は雨後の竹の子状態で、赤い新芽もその上の芽も、すでに2cmくらいに伸びてます。早いね! 毎日「がんばれー」と言っているのが効いているのかな。
あ、「んなわけ、あるかいっ」とつっこんでください(笑)。

うちのミニバラ(たぶんフジサン・フォーエバー)はこんななので、花が咲くまでまだしばらく掛かりそう。枝がどんな具合になるかも、まだ未知数。ミニバラのなかでは遅咲きの部類かもしれません。

実は、まだ蕾が上がる前のこんな時間がすごく楽しかったりするんですよねー♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ