散る

140623-1.jpg

ボールガール嬢ことドメーヌ・ドゥ・サン・ジャン・ドゥ・ボールガールのちょっと前の写真です。

ボールガール嬢は花びらが丈夫で、変色しにくく(変色しても気にならない、モーヴな色合い)、花が汚れた感じにならないのが良いところ。

花が傷んで見えないから、ついそのままにして、ばっさり花びらが落ちてしまうこともしばしば。小さめの花びらが数十枚ベランダに飛び散ってしまうと、片付けにくくてね。^^;

日本ではばっさりと散ってしまう花はあまり好まれませんが、実はイギリスではばっさりと散ることも利点として捉えられているんです!

セルフクリーニングって言葉をご存知ですか?
花の終わりには、自ら花びらを散らしてバラ自身が花がら掃除をしてくれる。
これがセルフクリーニングです。

(略)

花保ちの良いバラ=花がら掃除は必要

花保ちの悪いバラ=イングリッシュローズのようにセルフクリーニングのものも


良いことと悪いことは表裏一体、利点と取るか、悪い点と取るかは人それぞれなのだと思いますが、花持ちが悪くバッサリ散ってしまう品種でも、受け取り方次第で良い点だったりします。

 

まつおえんげいスタッフブログ とらえ方次第 より引用



これを読んで目からうろこが落ちました。

ボールガール嬢は、花がら掃除が要らないタイプのバラってことですね! 
本当なら、庭で本領発揮するんだろうなー。

140623-2.jpg

散ってもなお花びらがキレイなボールガール嬢です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ