『アイガー北壁』

今日はガーデニングとは関係のない話です。

アイガー北壁 [DVD]
アイガー北壁 [DVD]

以前から勧められていた、DVD『アイガー北壁』を見まして、すごかったから誰かに伝えたくてー!

この物語の時代はナチス政権下、ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年夏。舞台は、スイスを代表する山の1つで、「殺人の壁」とも呼ばれる前人未到のアイガーの北壁。その初登頂を目指す男たちの物語で、実話が元になっています。

生きて山頂に到達した者がいないアイガー北壁に、国家の威信という名目で人を送り込む権力者たち。カネになるなら成功でも悲劇でも問わないマスコミ。高級ホテルのテラスで物見遊山な富豪たち。北壁にいる彼らとの対比が胸に迫ってきました。

「殺人の壁」の映像に、私は本能が警告アラームを鳴らし続けるような感覚しか感じませんでした。およそ生き物を寄せ付けない世界だと、説明されなくてもわかります。ダウンも性能の良い化学繊維もない時代、繊維と言えば綿・麻・羊毛。それに、ピックが付いているだけの靴という装備で挑むのですからね。毛糸のミトンであんなところに…と身がすくんでしまいました。足を滑らせでもしたら、岩盤に打ち付けられて骨折してしまう…実際してしまったのですが。

ホテルのテラスから断崖絶壁を登る様子の一部始終眺めることができるようになっており、作品中で、その有様を「闘技場」と表現していました。死闘を繰り広げている様子を、安全な席から眺めることができるんですから、まさにその通りです。あの様子を飲み物を片手に眺めるなんて、私にはできないな。特にラストはね。

丁寧につむがれていく物語、迫力の映像、迫真の演技、実話の重さ。見ているこちらも体が緊張して硬くなり、まばたきも暑さも忘れてしまいました。

これから見る人のために、ネタばれしないよう詳細は書かないでおきますね。自分がモヤモヤするけど(笑)。

山岳ドラマにとりたてて興味がなかった私でも、あっという間に引き込まれる傑作でした。「迫力」という言葉しか思いつかないほど、もの凄かった…。

雪が降る時期に楽しむのも一考かもしれませんが、私は夏に見て良かったと思います。途中から暑さを忘れましたから。冬だったら、しばらく立ち直れなかったかもしれない。暑くてよかった。


[参考になるモノ]


映画『アイガー北壁』予告編

■あらすじ

1930年代、ヨーロッパ最後の難所と呼ばれ、何人もの一流アルピニストの挑戦を阻んできたアイガー北壁。本作は、アルプス登攀史上最大の事件と呼ばれた衝撃の実話を基に、国家の期待を背負い、前人未踏の絶壁に挑んだ若き登山家たちの壮絶な運命を迫真の臨場感で描き出した山岳アドベンチャー・ドラマ。監督は、これが長編2作目のフィリップ・シュテルツェル。
 ベルリン・オリンピックを目前に控えた1936年夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に示すべく、ドイツ人によるアイガー北壁初登頂を大きな目標に掲げ、成功者にはオリンピックの金メダルを授与すると約束、アイガーの頂を目指し多くの登山家が集結していた。やがて天候の回復とともに、トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーの2人のドイツ人が真っ先に北壁へのアタックを開始、さらに彼らを追うようにオーストリアの2人組も動き出す。いっぽう麓の高級ホテルには、ワインを片手に彼らの挑戦を見守る報道関係者や観光客の姿が。そんな中、トニーとアンディの幼なじみで見習記者のルイーゼは、彼らの無事を祈りながらも、初めての取材に気持ちを高ぶらせていくが…。

 

映画 アイガー北壁 - allcinema より引用



140806-2.jpg
映画連動特集:『アイガー北壁』 | スイス政府観光局


140806-1-Eiger.jpg

アイガー
概要
ユングフラウ、メンヒと並び、いわゆるユングフラウ三山の一つとされる。アイガー北壁は、高さ1,800mの岩壁で、グランドジョラスの北壁、マッターホルン北壁とともに、困難な三大ルートの一つとして知られ、アルプスの三大北壁と呼ばれている。アイガーの北壁は、1934年~1958年までに25回の登頂が試され、13回67名が登頂に成功したが、15名の死者が出ている。

 

アイガー - Wikipedia より引用



140806-3.jpg

ヘックマイヤー・ルートは北壁登攀の最も容易なルート。それでも国際基準では2番目に難しい「超難関+ ( プラス ) 」とされ、かなり要求度の高いルート。登山技術とコンディションにもよるが、ほとんどの登山家は登攀に1~3日間を要するのが普通。

 

魔のアイガー北壁で新記録 - SWI swissinfo.ch より引用


『アイガー北壁』を見た後だから、私でもわかる。かの北壁を約2時間半で登攀(とうはん)するだなんて、超人技だと。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ