おしゃれエリア 恵比寿と代官山へ

以前から誘われていた恵比寿のコーヒー専門店・猿田彦珈琲にも行きました。

150109-1.jpg

ここもお客さんいっぱいでした。席は満席、テイクアウト組が出たり入ったり。

評判どおり、店員さんの対応が物腰柔らかく親切で、それだけで嬉しくなっちゃいました。もちろんコーヒーもおいしかったですよー。鼻をくすぐる豊かできりっとした香り。クリアで柔らかいのに主張のある味。人気が出るわけだわーと納得しました。猿田彦珈琲に行っちゃったら、スタバにはもう行く気がしなくなっちゃうね。^^

150109-5.jpg猿田彦珈琲では、その年に採れた素晴らしいコーヒーを“JEDI(ジェダイ)”と名付けているんですって。スターウォーズ好きのオーナーの案らしいですよ。今度はジェダイをオーダーしてみたいです。^^

そう言えば、この店では金額を表示する計器がiPhoneでした。都会はそうらしいとウワサに聞いていたけど、実物を見たのは初めて。すごいねー。いい観光になったわー。(あれ…?)



150109-2.jpg

こちらは私が行きたがっていた、代官山の蔦屋書店。本屋なのにこの外観!

レンタルビデオ屋はTSUTAYAだけど、ここは漢字表記なのですね。

音楽・音楽のフロアや、文具コーナー、トラベルカウンターがあったり、特別仕様のファミマとスタバが併設されていて、本屋と言い切って良いものかと悩んでしまいます。

150109-3.jpg

壁の模様が変わっているなーと思って撮りました。
TSUTAYAのなのね! 今さっき気が付きました。おそっ。^^;

店内は撮影禁止なので写真はありません。
小部屋がつながっていて、まるで美術館みたいでしたよ。

店内にはシトラス系のアロマオイルの香り。雑貨のコーナーでは、ブレンドオイルを売っていました。クローブのブレンドなのに重さも刺激もマイルドで華やかなものがあってビックリしました。お値段を見たら、手は出なかったけど…。ギフト用のスキンケア用品も素晴らしいお値段でした。

本の品揃えはちょっと変わっているなーという印象。トレンドに合わせるというより、選んだ人の意思が感じられて楽しい感じ♪ ジャンルとしては、ビジネス、健康(フィットネストとかボディメイキング)がいいとこ抑えている感触。美術関係やデザイン系もおもしろかった。鳩居堂の本、買うかどうか迷いました。私の場合、一度読んだら終わりそうな気がして、結局買いませんでした。外国のファッションとかインテリア誌も多いですね。あと、車関係は充実しているみたい。雑誌の古本まであるし、ミニチュアもあって、コーナーも広い。園芸誌は見つからなかった。そういうところも含めて、代官山らしいかな。

年末にAmazonで何冊も買った後だったので、軽い読み物や雑誌を買って、お買い物終了♪

本だけでも散財しまくりそうなキケンな店です(笑)。気分よく買えちゃうもの。

車好きな人は、駐車場に止まっている車を見るだけでも、テンション上がるみたいですよ。高級外車が目白押しですからねー。

また行きたいなー。トラベルカウンターにも行きたかったなー。でも、旅行の予定がないからなー。^^;



帰り道では、今年一番のお気に入り写真が撮れました!
…と言っても、まだ正月休み(笑)。今年は始まったばかり。

150109-4.jpg

今年1年の間に、これを上回るお気に入り写真が撮れますように!


[参考リンク]

http://sarutahiko.co/東京・恵比寿のスペシャルティ・コーヒー専門店|猿田彦珈琲

http://tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE


この記事へのコメント

加藤
2015年01月13日
蔦屋書店、気にはなっていたのですが。
そうですか。
見るだけなんてこと絶対にできない自信があるので、よっぽど余裕のある時を見計らって行かないとアブナイですね・・・。
もも@管理人
2015年01月15日
◆加藤さん
まだ行かれたことはありませんでしたか。ちょっと意外です。
書泉って、目的を明確に持ったうえでがっつり本を買うイメージがありませんか? 少なくとも私はそんな感じ。
この蔦屋は、おしゃれな雰囲気に飲み込まれつつ、変わった分類と変わったチョイスを楽しみつつ、気がつけばあれもこれも欲しくなっちゃったわ~と踊らされるキケンなお店なのです(笑)。雑貨の予算は、1万円±4,000円かしら~。例外はロットリングのペンとか、殿方向けのグッズかな。
ぜひ一度翻弄されに行ってみてください。^^

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ