ボールガール嬢のスゴイところ

150418-1.jpg

ドメーヌ・ドゥ・サン・ジャン・ドゥ・ボールガール(ボールガール嬢)。
良いバラだなーと改めて思います。

というのも、この春は3日と晴れが続かず、日照が少ないでしょう? ミニバラのフジサンFは、出開き・ブラインドのオンパレードなんですよ。ジュビリー陛下は出開き・ブラインドが極めて少ないけど、ボールガール嬢はさらに少ない。出開き1カ所のみ。先日「おおっと!」で書いたように、誤って根本から折ってしまった新芽がくっつくほどの樹勢の強さ。

写真でお分かりいただけるように、新しく伸びた枝は太く真っ直ぐ。剪定が上手ではない私の手でも、樹形はおのずと整うのです。花が咲く前の今の時期、樹形が整うことがとても魅力的に見えます。毎日見とれています。
(ジュビリー陛下は、オベリスクで日々矯正中。^^;)

去年はウドンコ病罹患ゼロ。夢のような強健ぶりです。


150418-2.jpg

唯一、トゲには泣かされるけど(笑)。枝より、葉の裏のトゲで出血することが多いです。


さーて、今年はどんなふうに咲いてくれるか…。ドギドキです。



この記事へのコメント

2015年04月19日
ボールガール嬢元気そうですね~^^
咲いている頃のお花も見ましたが
花形も素敵で迫力あって濃い色合いの色合いが
とても印象的ですね♪

ボールガール嬢立ち生タイプでなのかな?
ミニバラでも立ち生のものと横広がりで
枝がふにゃふにゃのがあって、こちらは
支柱を立てないと、とてもだらしなく
なちゃいます^^
もも@管理人
2015年04月19日
◆yamaさん
バラで直立性というと、クイーン・オブ・スウェーデンが思い浮かびます。ボールガール嬢はあそこまで直立性ではなく、自然なシュラブってところではないかなーという気がします。
ボールガール嬢を地面に降ろして栽培出来たら、性能を発揮できるのだろうに…と思います。
だって、四季咲きとされているのに、うちでは一季咲きなんだものー。(>_<)
加藤
2015年04月19日
薄い黄緑色のまだ柔らかそうな枝、じゅるる・・・
あ、涎の場面ではありませんでした?
でも、、、ふふふ、やっぱり魅惑的な光景ですよね。
もも@管理人
2015年04月19日
◆加藤さん
よだれかけをお持ちしますので、存分に(笑)。
かく言う私も、でへへ~とデレデレしているんですけどねー。^^;

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ