ありがたい

151010.jpg
(C)Unsplash


知人から久しぶりの電話。名乗りもしないし、「もしもし」も言わない。でも、開口一番「どうや~?」のひと言で誰かわかっちゃう。

「友人っていうと違う気がする…」

「そやなぁ」

「親戚のおばはんか従姉妹みたいな感じ? それとも、おかん代行?」

「おかんは止めて。こんな大きな子はいらん(笑)」

「正確にはおかんの友人なんだろうけど」

「それも違うなー。あんたんとこのおかんは友人じゃなくて、私にとってもおかんや」

そんな間柄。


「元気?」と聞かれることはなく、「だましだまし動いてるか?」と聞かれる。うん、と答える。
「掃除してくれる人がいれば、アレルギーが楽になるかもしれへんのになー」と言われ、うん、と答える。

うんと答えられる会話を投げかけてくれる人なんだなぁ…。

「味噌汁の冷めない距離におれば、お惣菜持って行くとこだけどなー」

「じゃあ、魔法瓶に入れて、新幹線に乗って来て。飛行機でもいいけど?」

「魔法瓶でも冷めるわっ!」

すっかり忘れてたけど、私はこういうことを言う人だった(笑)。

本来の自分を引き出してくれる人って、ありがたい。そして、有り難い。なかなかあるもんじゃない。ね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ