良からぬ予感

151101.jpg

昨日、スリッパを買ったんです。ヒールがあって歩きやすいという謳い文句の商品を。ヒールはともかく、冬にかけて、厚みがあったほうが寒くなくていいわーと思ったんですよ。以前もこのくらいの厚底のものを履いていましたし。クッション性があって、何もしないでいるときの履き心地はいいです。試し履きで確認したとおりです。

ところが。家にいるときって、なかなかじっとしていないでしょう?

クッション性のある厚底が左右にブレるんだか、踵が横に滑るんだか、ぐぎってなるんですよ。たった1日で10回近く…。

幸い捻挫はしていないけど、動きとしては捻挫と同じ。これでいいのかと疑問がわいてくる…。

そして…。

先ほどの話です。

作業に行き詰まったので、おいしい紅茶でもいれようかと思って、2~3歩歩いてぐぎっ。ああ、危ない、手ぶらでよかったわ。ミルクティーををいれて、運んでいる時にまたぐぎっと。紅茶をばしゃっとぶちまけてしまいました。バッグにもろにかかってしまった! ん、もう、こんな所にあたしのバッグ置いたの誰よ。←あたし

このスリッパ、このまま履いていたら、いつかホンモノの捻挫をしそうな予感…。キケンすぎますよね?

[参考リンク]

この記事へのコメント

加藤
2015年11月02日
我が家ではスリッパを履かないので「あーららー」といういう感想で失礼いたします^^;
床暖房があるとスリッパがないほうが暖かいのでして・・・。
厚底スリッパを履くとバッグが紅茶浸しになる、というのは、風が吹くと桶屋が儲かるくらいにビックリです。
なんか設計ミスだったのでしょうかねぇ?
もも@管理人
2015年11月02日
◆加藤さん
憧れのハイテク住宅にお住まいの加藤さん…♪
底冷えという言葉があるように、冷えは足元から来るんですよー。

設計ミスでしょうねー。
甲の部分が柔らかすぎて、左右にブレるみたい。
もし踵の窪みがもっと深かったら、もし孔の部分に芯が入っていたら、こんなにキケンな物にはならなかったんじゃないかと思います。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ