覚えがある!葉が縮んで生えてくる!

http://hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20151107/
葉が縮む、全部の葉がちぢむ。。。 | はなはなショップブログ


今日のお話に入る前に、こちらのブログ記事↑を読んでくださいね。

はなはなショップというのは、国際バラとガーデニングショウでお馴染みのバラ苗販売店です。真面目なブログですので、ご安心を!


さて。

そうなんですよ。あの葉の縮み方、うちでも発生したのです。3枚め~5枚めの写真は特に見覚えがありすぎるほど。

品種での差でいえば、フジサンFで出やすかったです。株ごとに発生頻度が違いましたね。ドメーヌ・ドゥ・サン・ジャン・ドゥ・ボールガールでは数枚が少しだけ。ジュビリー・セレブレーションはさらに発生頻度が少なく、先端のみの症状。大きいほうのバラは、葉全体がごぼこぼに変形することはありませんでした。

うちで発生した時期は、確か…6月~8月にかけて、だったかな。剪定後は出てないので、今はもうありません。写真を撮っておくべきでしたねぇ。

特徴は、
  • 葉が出てくるときに、すでに縮れている。
  • 葉の先端…真ん中の飛び出している部分(折り紙みたいに2つ折にしたら、飛び出すであろう部分)に顕著に現れる。そこだけ赤茶色に変色することが多い。
  • 縮れたまま葉が育つ。
  • 葉全体がゴボコボしわしわになることもある。
といったところでしょうか。

最初は、ウドンコ病を疑いましたが、違いました。
スリップス? 見なくなった時期でしたから、どうでしょう。
薬品? 消毒をやめた真夏でも出ていましたから、違うように思います。
多肥? 従来どおり、規定量より少なめにしかやってないんですけどねー。

他に、葉が縮まる原因としては、
・薬品による副作用
・肥料が多すぎ
が考えられますが、思い当たるところがありません。
ですから、原因不明なのですが、根に何らかのストレスがかかっているんだと考えています。

 

葉が縮む、全部の葉がちぢむ。。。 | はなはなショップブログ より



根のストレス…?

来年以降も、この件を忘れないように観察・考察していこうと思います。


[参考リンク]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ