植え替え2016 大きなバラ編

植え替えの記録は残しておかないと。というわけで、今日は大きなバラを2鉢植え替えたので、その雑感です。



風がびゅーびゅー音を立てていました。
(春一番だったとか。)

それでも今日こそはボールガール嬢とジュビリー陛下の植え替えをしなくちゃ…とベランダに出ると、なんということでしょう、ベランダは春の嵐がぐちゃぐちゃに荒らされていた。雨が吹き込んでいたとは…。せっかく鉢の中、乾かして抜きやすくしようとしてたのにー。こぼれた土と枯れ葉が雨を吸ってえらいことになってるし。ガーデニング用グローブは干したままだったし。

吹き込む雨が止んでいたので、植え替えは決行です。今日を逃したら、いつやるかわからない。

気温は20℃くらい。桜が散りそうな風と気温だわ…と一瞬錯覚してしまった。薄いウインドブレーカーを羽織っていざスタート!

まずは、ボールガール嬢ことドメーヌ・ドゥ・サン・ジャン・ドゥ・ボールガールの鉢を手前に引いてきて。

今回は鉢から抜くのにどのくらい手こずるかなーと考えながら、どこかで鳴いている小鳥の声を聞きながら、黙々と格闘。

あれ、途中から根っこがない?!

ボールガール嬢もか…とがっくり。でも、そこはミニバラとは違う鋼鉄の乙女。違った。とにかく頑丈な根っこ。残った一部の根っこは鉢底につながっていて、鉢にがっつり張り付いていて、やっぱり簡単には抜けない。

十分に根が回っているところに虫が侵入して、一番イイ真ん中の部分だけ食べたという感じなのでしょうか。

当然、根っこを食べまくってまるまる肥えた犯人もころんと出現。1匹だけでしたけど。秋から今ひとつ元気がなかったのはコガネムシのせいだった。やっぱりねぇ。



続いて、ジュビリー・セレブレーシヨンも鉢から抜いて。そして驚いた。なんとまあ、充実した根の張り方! 見事なくらいに細根がびっしり。「細根が」がポイントです。写真を撮ったほうが良かったかなー。

ジュビリー陛下だけが群を抜いて根張りが良かった理由。真っ先に思い立つのことは。

土が違う。そう、ジュビリー陛下だけバイオゴールドの土だった。

ジュビリー陛下だけが根張りが素晴らしかった。
ジュビリー陛下は1年間うどんこ病にかからなかった。梅雨以降消毒もしなかったのに。
コガネムシが産卵しなかったし、ハダニは12月までほとんどつかなかった。

すべて土がもたらしたと結論付けるのはどうかと思うけど(一番近くに置いてマメに手入れをしていたし)、少なくとも根っこの健康度がピカイチだったことだけは、土が大きく関与していると考えるのが自然だと思う。

土で贅沢する余裕はないのだけど、根っこの差を見てしまうと、多少無理してもいいかなと揺らいでしまう。木が健康なら作業は楽だし、気分も楽だし…。

こうやってバイオゴールド信者が増えるのかな!



ついでに、ミニバラの剪定を見直して、芽の育った場所が予定と違ったものは剪定し直し。双子や三つ子が出ているので、芽かきも少し。

一気にやりたいことを済ませられて、あースッキリした。^^

160214.jpg

うちのバラは、大きいバラもミニバラも樹高に大差がないけど、この時期の枝先の太さにもあまり差がないと判明。(一番太いところを比較すれば、もちろん大きなバラが断然太いけど。)

この写真はミニバラのフジサンFだっけ? ボールガール嬢だっけ? すでにわからなくなっているというありさま(笑)。

いろいろ問題が見つかった今回の植え替え。やるまでは腰が重かったけど、やってみて初めてトラブルが見つかるので、やっぱりやって良かったと思う。それに、毎年植え替えても抜くのがひと苦労なんだから、2年経ったボールガール嬢なんて、抜けないかもしれない。

作業を終えて、腰と腕がちょっと痛い。いつもどおりです。
途中で手袋を外した後、刺で指を傷つけてしまいました。これも、いつもどおり。

バラの作業によって、私の頭の中のカレンダーが春に切り替わりました。

この記事へのコメント

加藤
2016年02月16日
まぁ!あんな春の嵐の最中に植え替えを!?
土も水も飛んでいきそうでしたよね^^;
私は一度もバイオゴールドの土を使ったことがありませんが、かなり気になるレポートです。
全員に使うには資金が足りない(!)ので、元気のなかったあの鉢に・・・というピンポイント活用は考えてみても良いかもしれませんね。
それでバラが元気になってくれるのなら安いもの。
・・・という考えがバイオゴールド信者の道そのもの?^^;
もも@管理人
2016年02月16日
◆加藤さん
2年前は全部の鉢で、バイオゴールドの土を使ったんです。
その翌年、つまり去年の春、花数がかつてないほど多くて、大きさが立派だったんですよね。使った年ではなく、その次の年に成果が現れるあたり、植物の時間って感じですよね。
今度の春は、ジュビリーさんだけが高価な土の貯金を引き出せるわけで。
一番花に顕著な差がつくでしょうか。
ついたら面白い。
根では差がでましたからね。

加藤さんも、気難しいお嬢様に使ってみると、面白い結果が出るかもしれませんね。
一度試してみるのも、面白いと思います♪
回し者ではありませんけど(笑)。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ