万年筆とインクが気になるお年頃

何がどうしてどうなったんだか、去年から万年筆のインクが気になるのです。それまで、筆記具はジェッストリームとサラサがあれば満足していたのに。

インクだけではなく、もちろん万年筆自体も気になります。

あれこれネットのいろんな情報を読んでいるうちに、欲しいと思う万年筆も見つかりました。


これに、カラーインクを入れて使ってみたい…。

でも、明確な用途があるわけでもないし、私には贅沢品だと分かっているので、手持ちの万年筆を洗浄して再び使えるようにしました。


160324-1.jpg

むかーし、いただいた物です。年季が入っている感じするかな。結構使っていましたからね。


160324-2.jpg

バーバリーの万年筆なのです。あの頃は、自分に似つかわしくないと感じて、気恥ずかしかったものです。あと、私には重いんです。特にキャップが重くて、後ろに挿すと何だか落ち着かないし、キャップをしていなくてもまだ重い。

久しぶりに書いてみると、書き心地が以前とは違うように感じます。すんなり書ける。ぬらぬらとさりさりの中間かな。

書きやすくなったと感じるのは、私のペンの持ち方が以前とはかなり違うせいでしょうね。今のほうが万年筆に合っているみたいです。それと、たくさん字を書いてきて、ペンの運び方も変化しましたから。

書いてみて気が付きました。万年筆で文字を書くと、癒やされるんです。頭の中の凝り固まった何かがほぐれる感じと言いますか。ん~、なんだろう。インクという液体の流れる様子に、無意識に心地よさを感じているのかな。

このブログもそうだし、現在は圧倒的にテキスト入力のほうが多くなっているから、その反動もあるのかもしれませんね。でも、ボールペンでは癒やされると思ったことはまったくないし…。だから不思議。

万年筆のインクは国内外いろんな会社がいろんなモノを出していて、お値段もピンキリ。なかなか奥の深い世界のようです。人呼んで「インク沼」。こわいっ。沼を覗きこんでいる自分がかなりこわい(笑)。

この記事へのコメントが 0 件あります


この記事へのトラックバック

楽天 ガーデニング苗物 デイリーランキング

バックナンバー

ベルメゾンネット