144度説の検証

雑誌『花時間 2007年10月号』に興味深い記事が出ていました。

周知のように、バラの花は本来5枚。360度÷5=72。つまり、花びらは72度ごとに付いている。
とりたてて計算したことはなかったけれど、それは私も飲み込める話。

で、面白いのは、葉は144度ごとに螺旋を描くように付いている、っていうんですね。144は72の2倍。

そんなことを言われちゃったら、自分ちのミニバラを観察したくなっちゃうじゃありませんか~。
とりあえず、写真が撮りやすい状態の3品種を見てみます。

ロイヤルホワイトロイヤルホワイト。
これはキレイに360度を3分割してますね。360÷3=120。120度にも見えるけれど…。
120度だと、1周した後上の葉と重なっちゃうから、ずれるように144度になってるということらしい。
これを見る限りでは異論はないです。

キスミーmspキスミーmsp。
これも、360度をほぼ3分割って感じですね。
このミニバラは自由に変則的に育つ感じなので、このくらいでも144度説から外れてないと言えるんじゃないでしょうか。

ピッコロピッコロ。
これは観察するまでもなく、144度説が当てはまらないことに気が付いてました。一応、証拠の写真を載せますね。
180度ごとに葉が付く感じなんですよね。不思議なことに。
右・左・右…という付き方なんです。
バラ本来のつくりとしては例外なのかしら。

皆さんのお宅のバラの葉はいかがですか?
144度ごとに付いていますか?

この記事へのコメント

NAO
2007年10月03日
144とはね、面白いですね。
12*12は144つまり1GROSS。
グロスの”G”を抜けばROSS・・・
ちょっと違いましたね、バラはROSEでしたね。
もも@管理人
2007年10月03日
◆NAOさん
ね、面白いでしょう!
ROSSかぁ、うーん、惜しい(笑)。
2007年10月03日
コレは試してみなければ!
でも夜だし...第一ウチのバラには葉っぱが無い!

それにしてもそれにしても!
ピッコロの葉っぱのカーブ、美しいですねー!!
なんか文様みたい!ウットリ...です!
もも@管理人
2007年10月03日
◆Hirokazuさん
葉っぱがないって…(/_;)
次のお休みの日に、購入したてのチュチュで確認してみてはいかがでしょう?

ピッコロの葉っぱ、存在感があるんですよねー。
キレのあるカーブも好きなんですよ~♪
2007年10月03日
うちのも見てみようと思ったけれど、Hirokazuさん同様
(あ、葉っぱはあるよ)
暗くて見えないから明日の朝にしよう。
観察名人ならではの写真ですね。
もも@管理人
2007年10月03日
◆nayamomさん
ぜひ見てみて!
あれ、観察名人?
うわ、ほめられすぎですって。
2007年10月04日
ちょーどいい写真があったので試してみました!
トラバしてみたけど...受信されたかなあ...
もも@管理人
2007年10月04日
◆Hirokazuさん
トラバ&ちゃんとした検証をしてくれてありがとうございます!
やっぱりちゃんと線を引かなくちゃねぇ。

この記事へのトラックバック

  • 検証144

    Excerpt: ももサンの10/3付の記事「144度説の検証」。 雑誌『花時間 2007年10月 Weblog: Pirologue~ピロローグ:ココログ版~ racked: 2007-10-04
ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ