援軍現る

ででーん大きな葉の影でひっそりと大きくなりすぎたオクラができてました。
長さはざっと16cmってところかな。
うーん、これじゃあ、いくら繊維が柔らかい丸莢オクラでも、さすがに硬くなりすぎていて食べられません。気を付けなくちゃ。
今日までの収穫量がちょうど30本になりました。


今日書きたいのは収穫の話ではなくて、現在発生している害虫、アブラムシにまつわる話。
「聞きたくもないわっ>_<」という方は、今日はスルーしてください~。

オクラにアブラムシがたっぷりついてしまって、取ってもキリがありません。
ガムテープでペタペタ取ってはいるんですよ。

テントウムシはあの後いついてるんですけど、あまり食べてくれてないみたいで、ちっともアブラムシが減りません。
この記事を読んでね ≫ 見届けてしまいました

早朝ベランダに出てみたら、視界にうにょうにょ動く影が!
さらに害虫がっ?!
ひぇえ~とビビリがらも正体を見極めるべく凝視してみたら、ヒラタアブの幼虫(推定)でした。

エサがたっぷりある楽園に産卵していったんでしょうねー。
ヒラタアブの幼虫はアブラムシの天敵。
私にとっては、アブラムシを捕食してくれる強い味方。
うちは時間無制限ブュッフェですから、いくらでも召し上がれ♪

この虫が益虫だって知らなかった頃は強制退去させてました。
もったいないことしてたなー。
見た目がコワイから、住まわせておく気になれなかったんだもの~。

今は違いますよ。
見た目がおどろおどろしいと思ってても、アブラムシを捕食してくれるから、居させてあげる。寛大になったものよ…。

この幼虫たちはよく動きす。その映像がちょっとコワイ…。
しかし、元気で結構。いっぱい食べておくれ。
でも、なるべく見ないようにしておこう…。
そんなわけで、写真はありません。^^;

余談ですが、オクラの莢にはアブラムシが付きません。
あの毛が邪魔してるのかしら。
一方、一番人気なのは蕾です。
正確には、花びらを包んでいる緑色のモノ。ガクの内側にある…何という名称かわからないモノ。
でも、アレ、花が終わると落ちちゃいますからね。

この記事へのコメント

2007年10月20日
おくらのサヤのようにバラの蕾も毛だらけだったら
アブラムシはつかないのかな。
じゃ、毛深い人っていうのは蚊も血を吸いにくく、
蚊に刺されにくいってことかな。
とくだらない想像をし出してしまった・・・
それにしてもロングなオクラだなぁ~
もも@管理人
2007年10月20日
◆nayamomさん
オクラって、放っておいたらどこまでながくなるんだろう?
今そんな疑問がわいてきました。

バラには「モスローズ」と言われる種類があるんですよ。
モスバーガーじゃなくて、苔ね。
蕾にいっぱい毛が生えてるのが特徴。
この毛のお陰で、虫が付かないらしいです。
NAO
2007年10月21日
ヒラタアブが参上ですか!よかったですね。
確かに、蛆虫みたいで姿かたちはゲッ!・・ですが大事な益虫ですよ。
後はクサカゲロウの幼虫が来てくれれば、3大アブラムシの天敵を制覇ですね(笑)。
島オクラの成長がぐんと遅くなってしまいました、まだ蕾も有るんだけど来週の秋晴れで少しは大きくなってくれるかな~と期待してます。
もも@管理人
2007年10月21日
◆NAOさん
3大アブラムシの天敵! おお。
クサカゲロウの卵はたまにあるんですが、幼虫をみたことがありません。
で、ネットで検索してみたら、なかなかエグイですね。
アブラムシの死骸を背負って闊歩するなんて…。^^;

ここのところオクラが順調に咲いてます。
でも、そろそろラストスパートでしょうか。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ