ある日の会話

国際バラとガーデニングショウのメルマガが入ってくるようになったよ」
「で?」

「今年はピーター・ビールスが来るらしいよ!」
「出ましたね『らしーよ』。で、誰それ?」

「イギリスの有名な育種家で…(中略)…『バラの神様』と言われてるらしーよ、らしーよ」
「ほう。じゃあ、前よりはイベントとしてやる気が出てきたってところかな。でも、相変わらず西武ドームでやるんでしょ? 狭いし、あのスペースでやれることといったらたかが知れてるし、しかも半分は販売ブースじゃない」

「外にも販売ブースが広がってるらしーよ。前よりは展示スペースが広がったらしーよ」
「でもねー、ドームじゃスペースったって限界あるし、あれで2000円は高い。入る前に上から全貌が見えて、あれのためにカネ払うのかーとガックリくるんだよね」

「う。痛いトコを…。私たち、散々いろんな業種のいろんなイベントに行ってるからね。あーいうのに比べると、確かに高いと思う。ウェルカムなムードとかサービス精神が感じられないし、主催者側に活気がない。販売ブースの人たちは頑張ってるけど」
「でしょー? ところで、ピーター・ビールスはイギリス人なんでしょ? 対談は何語で話すの? 英語じゃないの?」

「うっ。対談相手が日本人だから、通訳が入るんじゃない? でないと、観客の多くは英語ではわからないでしょ、会場は日本なんだもん。いざとなったら頭をフル回転させて、英語で理解してみせるさっ! それで無理なら、ピーターの真ん丸いぽんぽんを見物するさっ」
「混雑しすぎて見えないんじゃない?」

「ううっ。買い物を楽しむさっ」
「会場の外でな。それにさ、直接セントラルローズからチュチュ買ったほうが安上がりなんじゃないの? 第一、工事は終わってないし、バラを買っちゃうと野菜のスペースがまた減るよ? 野菜楽しいよー。バラより団子だよー。やめときなよー」

「ぐぐっ」
「イベント会場のバラって、ぐったりしてて、こっちも気持ちがなえてくるんだよね。それより、石和のコマツガーデン行ったほうがいいんじゃない? あそこのバラは見てて気持ちがいいよ。元気でパワーが伝わってくる感じしたよねー。ブルーヘブンの親木は立派だったし、ニャンコは可愛くて抱き心地最高だったし♪ でさ、その後でTVチャンピオンで優勝したケーキ屋さんでケーキ食べてさ。絶対そのほうが楽しいよ」

「ううぅ~っ」
「偽者の展示品より、バラ園に行きましょ。バラはね、太陽の光を浴びて、大地に根を張ってはじめて輝くもんですよ」

「うぐぐっ」
「食い気優先の人には西武ドームは似合いませんよ? 京成バラ園併設のレストランのほうがまだまともだったでしょ。それとも、やっぱりチャンピオンのケーキ行きますか?」

「うぅ~っ…」

この記事へのコメント

2008年05月10日
ははは、私らがホムセンの多肉を見てうへぇええとなるように、バラ好きさんもあるんですね。
でも去年のショウでは、会期終わりごろだったのでバラが疲れているのがシロウト目にも分かりました(笑)

それに西武ドームはメシくうところないもんね。
あれはひどいですよね。車だったら別、というかあまり電車で行ったこと無いですけど。

販売ブース広くなったんですか? それは楽しみ。うひっ。では明日(謎
2008年05月10日
こんにちは、ももさん。

京成バラ園に行って、併設のレストランで昼食をとる。
もちろんバラもゆっくりと堪能する。
石和のコマツガーデン行き、ゆっくりとバラを見て目の保養をし、その後でTVチャンピオンで優勝したケーキ屋さんでケーキを食べる。

そんなコースが私の中に浮かびました。
花も団子も…。
もも@管理人
2008年05月10日
◆salsaさん
いやー、ご迷惑かけました。
自分によく言って聞かせます。しっかりせいと。
ホムセン行くと、うへぇええ言いまくりですよ。特にバラの花苗が売ってるこの時期は。香りはカタログじゃわかりませんからねー。
ジャンルは違ってもやってることはさして変わらないかもしれないですな。

◆由莉ままさん
コースが見えましたか。(笑)
私も、花も団子もと欲張るたちです。

石和のいいところは、お食事処がいっぱいあるところですね。オープンカフェならぬオープン和食もよかったし、桔梗屋工場直売店では和菓子も食器も、そしてなんと切り花まで格安で買えちゃうんです。財布の紐ゆるみまくり。
公共の足湯(確か無料だったような)とか日帰り湯なんかもありますしね。

京成バラ園は広いので、お食事抜きでは歩けない…のは私だけかなぁ。
バラの香りのアイスクリームも人気ですね。

この記事へのトラックバック

苗物 デイリーランキング

過去ログ