『ガーデン&ガーデン』2008年6月号

ガーデン & ガーデン 2008年 06月号 [雑誌]ふだんは買わない『ガーデン&ガーデン』も買ってしまいました。
ガーデニングできないフラストレーションをこうして解消しているんじゃないでしょうか。狩に失敗したネコの毛づくろいにも通じるような通じないような…。
でも、あまりに立派な裕福そうな庭の写真を見てると、ベランダー(ベランダでガーデニング)としては参考にはならないし、楽しくはないというか、まぁ、ただの時間つぶしにしかならなかったなー。
お庭でラブラブなガーデニングライフを送ってる人には、現実的なんじゃない?

大野耕生さんのおすすめするバラのページは、ニコニコ読みましたとも♪
やっぱりナエマの実物に会いたいなー。
それと、フレンチローズの紫ってオシャレな雰囲気ですね。やっぱりこれも実物を見てみないと…。

そして、思わず食いついてしまったのが、映画「西の魔女が死んだ」の紹介記事。
簡単に言ってしまえば、おばあさんと孫のひと夏の思い出の話。でも、おばあさんはなんと魔女なんです。そのおばあさんちに孫が滞在し、魔女の修行をすることに。なのに魔法の修行はちっともしないで、早寝早起きの自給自足に近い生活を淡々と続けていく…。
たぶんターシャ・テューダーをイメージして役作りされてるんじゃないかと思わせる写真が並んでいました。
野菜とハーブと花(バラもね♪)のある生活。映画のために1軒家を作ったんですって。
映像に期待が持てました。
ハーブをどうやって生活のなかで使っていくのか、記事中で紹介されてはいたけど、映像で見たいわ~♪


西の魔女が死んだ (新潮文庫)で、先日本屋さんをぶらぶらしているときに、原作を買っちゃいました。
まだ読んでないので、話自体の面白さはわかりません。
そんなには期待してないけど…。

そう言えば、文庫本を買うなんて久しぶりだなー。
最近は圧倒的に雑誌のほうが多いし、本はほとんどガーデニングかパソコン関連のモノだし。
小説を買ったなんて数年ぶり? 『がんばっていきまっしょい』以来かな。『がんばっていきまっしょい』はドラマ化されたときに買って読んだんですよ。先輩の奥さんが執筆した本なのでね。
先輩は「あんなん当人も忘れとったんや。ずい分昔に書いたもんやからな。それをな、テレビの人がドラマ化したいって話を持ってきて、なんで今頃?!ってビックリしたわ」と言ってましたが。
「正確に方言書けへんのやったら、標準語で書けや」と言われちゃうかな。ほんの遊び心です。許してください、ゴマさん。
相変わらず自分の妻を旧姓で呼ぶ、変わった先輩です。

友人には「たまには小説読みなさいよー」と、会うたびに言われます。うん。正論だから返す言葉もない。
華さんは表現力が豊かで、言葉選びのセンスがいいでしょう。やっぱり読書量の差なんだろうなっていつも思うんですよ。由莉ままさんもそうね。
たまには小説くらい読まないとねー。うんうん、わかってるよ。だから、久しぶりに買ってみたのよ。

たかが文庫本1冊で大層な騒ぎですね。
しかもまだ読んでない。はは。

いずれにしても、映画「西の魔女が死んだ」は観に行きたいなーと思ってます。

この記事へのコメント

2008年05月13日
たまには読書もいいな~と思いつつ実現させることのできない
活字離れの代表ともいうヤツです・・・

文章を書くのが好きなのに読むのが苦手だなんて
なんだかたちの悪い人みたいだなぁ

ん~ももさんを崇拝し、ももさんの真似っ子が好きなわたしとしては
いっちょ読書もしてみるか?!

もも@管理人
2008年05月14日
◆nayamomさん
真似っこはともかく、読書で得るものはいっぱいあると思うんですよ。
まー、私の場合、読んでる活字の量は以前より激減しているとはいえ、少ないわけでもないらしい。
自分では少ないと思ってるけど、知人に言わせると多いほうなんですって。
どっちなんでしょうね。

上の本、読んだんですよ。後日、感想でも書いてみようかな。
2008年05月19日
こんばんわ。ちょっと出かけたり開花ラッシュだったりでバタバタしていて、お邪魔できてなかったんですが・・・
うわー、恥ずかしい!
でもありがとう。嬉しいです。

最近はあんまり本読んでないんですよ。
寝る前に読むんですが、2、3ページで寝ちゃってちっとも進みません。

「西の魔女が死んだ」、ほんとお勧めです!
結構お勧め活動してますね(笑)
わたしの好きな本ベスト10に入ってます。
梨木さんの本は、うかつに読むとずっしり重いものもあるんですが、これはほんとに読後感がいいです。
そういえば、たしかにターシャと「おばあちゃん」は似ているかもしれないですね。
自然体で暮らす、生活を楽しむ、という部分が。

「がんばっていきまっしょい」は原作を読んだことがありませんが、お知り合いの方の奥さんがかかれたんですね。わー、なんかすごいですね。
映画の紹介みて面白そうと思った記憶があるから、こんど読んでみますね。
もも@管理人
2008年05月19日
◆華さん
華さんの言葉は光ってるし、美しいなって思ってます。私の太鼓判じゃ何の特にもならないかもしれないけど、良い文章の本をたくさん読んできたんだろうなって思わずにいられない何かがありますよ。

『西の魔女が死んだ』読みましたよー。
淡々とした文章にだまされちゃいけませんね。
たくさんの要素がつまっていて、そのうえ浮かんでくる景色が美しくて…。久しぶりに読んだ後に余韻をたっぷり感じる小説でした。
ティーンでも、大人でも、それぞれ違う観点で泣かされちゃうでしょうね。

『がんばっていきまっしょい』は、初めて応募した小説って言ってたかなー。だから、荒削りな部分もありますけど、若いっていいなー、成長するっていいなーと思わせてくれました。
機会があったら読んでみてくださいね。

この記事へのトラックバック

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ