難攻なピンク色

ピンクマシュマロの次に開いたのは、キスミーmspでした♪ 毎度のことから、実物の花色が出ません(笑)。 ピンク色になるように補正すると、色が潰れちゃうんです。 蕾がいっぱいです。 今年の春はとても好調♪ iPhoneカメラで撮ってみたら、花がピンク色に写ったことは良かったんだけど、色が崩壊(笑)。ピンクも緑もおかしなことになって、目がチカチカします~。

続きを読む

かっくん

ピッコロとピンクマシュマロは伸びすぎたとはいえ、素直に真っ直ぐ伸びました。まぁ、大きめの花が付いて枝が思いっきりしなっちゃうとか、枝の角度が大きくて花が地面に着きそうだとか、そういうことはありましたけど。 キスミーmspは、剪定を間違ったり、伸ばそうと思っていたところと違うところの芽が伸びちゃうと(しかもよくありがち^^;)、かっくんかっくんしちゃうんですよねー。とはいえ、性格がひねくれて…

続きを読む

猛暑

こちらは、猛暑日に咲いたKiss Me msp。 結構まともな姿で咲きました。蕾を残したのは1輪だけなので、可愛く咲いてくれて、嬉しいです。 ここから先は、こうはいかないでしょうねー。 梅雨が明けてから、いきなり夏本番の暑さですね。 体温より高い気温って…。それが1日で終わってくれないなんて…。(;-_-) 私は幸か不幸か、ほぼ冷房がついている室内で過ごしていました。そ…

続きを読む

小さくて

キスミーmspが一番最後に咲きました。 先に咲いた大きめのミニバラに囲ませてみました。 結構サイズが違うでしょう?^^ 毎度のことながら、実物の色がまったく出なーい。 M100に、CとYがいくらか入っている、そんな色です。 小さくて、でもちゃんとバラらしい形で、オーソドックスなんだけど安心して好きでいられる、そんな花です。 国際バラとガーデニングショウ…

続きを読む

時が刻まれていた

今から4年前の2006年、キスミーmspに待望のシュートが出てきました。 (今は“キスミーmomo special”と呼んでいますが、当時は名無しちゃんでした。) でも、不注意で、パキッと折ってしまったんです。 ソフトピンチの要領で、指で簡単に折れたという感じ。あの頃はソフトピンチという言葉も技術も知らないから、ただショックでしたねー。かなり深いところで折れてしまったから、もうそのシュート…

続きを読む

2010年の新芽!

コレを植え替えたついでに、先に植え替えたミニバラはどうかなーと、鉢を手にとって眺めてみたら…。 もう芽が出てるものが! あら、まぁ…気の早いこと。 さて。このミニバラは何だったけ? しばらく考えちゃいました。 今まで即答できたのに、短い時間とはいえ悩んじゃうなんて、ガーデニングさぼりすぎー(笑)。 枝先のほうでは、赤い芽がばんばん出てます。 これを見ると…

続きを読む

芽が膨らんで

寒いです。体が寒さになじんでません。年かなぁ(笑)。 寒いけれど、ミニバラの芽が膨らんできました。 寒いのに、この命の芽吹きを見ていると、心が温かくなってくる気がするから不思議です。 通勤時にふと上を見上げると、桜の花芽も膨らんでいました。 桜もバラも、寒さがあるから、春の準備ができるんですよね。 当たり前のことだけど、改めて考えると植物ってすごいなと思いました。 私は、…

続きを読む

カップをどうぞ♪

犯人はお前だっ!証拠写真 そんなこんながありまして、ミニバラがハトの被害を被ったのですが。 芽が根元から折れてしまったミニバラはどうにもならなくて、剪定のし直し。そして、このキスミーmspは、ハトが折ったところで折り曲げ剪定したことになってしまったのでした。 (再掲) いいあんばいと言うのはちと悔しいので言わないけど(笑)、偶然折られたところが剪定するにはちょうどよいところで、し…

続きを読む

遅れた一番花

まだミニバラの一番花が咲いています。 遅れて咲いた理由は2つあるんです。 1つは、そう計算してソフトピンチしたから。 花が一気に終わるとさびしいので、ソフトピンチして、後から咲く枝も作っておいたんです。 それが計算どおりにいま咲いてくれてます。 2つめは、ハトのせい。 こんなふうに折れちゃって、結果として早めの剪定もしくは折れ曲げ剪定になってしまった枝がありましてね。 その…

続きを読む

花の後ろに蕾が控えている

キスミーmspが咲きました。 何度も新芽や枝が折れちゃうトラブルに見舞われたのに、折れたら次の芽を出して伸ばすんです。 今のところウドンコにもかかっていないし。 やっぱりこのミニバラは生命力が強いわー♪ 色がつぶれちゃって、なかなか思うように撮れないなーなんて思っているうちに、咲き進みました。 この日は撮れたので嬉しい♪ 実物はもっと彩度が高くて濃い色だけど、うまい具合に写真に納…

続きを読む

色が薄い…

いつも安定して元気なキスミーmsp(ももスペシャル;ももがキスミーってことにしちゃったよの意)。 でも、この株はなぜか元気がなかったんです。 写真だとイマイチわかりにくいけれど、葉も茎も緑色が薄くはかなげなんですよねー。 葉のツヤもない…。 株元を覗き込むと、芽を出そうと思った枝からまったく芽が出ていないっ! うわぁーっ、そんなの初めてーっ!(>_<) 何が起…

続きを読む

今年活躍しそうな芽

キスミーmspのシュート候補も載せておきますね。 地際から太い新芽が出てきました。うーん、頼もしい♪ 今年、きっといっぱい生長して花を咲かせてくれるでしょう(熱望)。 右側のアップー♪ あら。奥にも芽が出てますね。 これは…手前の立派な新芽と向きが同じみたいだし、芽かきするしかないかなー。 忘れてなかったらチェックしてみよう。 左側のアップー♪ 根…

続きを読む

古い枝の整理

これは最古参のミニバラ、キスミーmsp。 ももスペシャル(msp)なんて名前を付けて、可愛がってるこのひと鉢なんですが。 当初はどう剪定すればいいのかわからない状態で育てていたので、失敗を重ね、枝がうねうねしていびつになっていました。 「枝ぶりがヘンな分だけ思い出深い」なんて書いてるくらいで。 あ、でも、その記事は2006年2月でしょ。3年の間にうねうねに磨きがかかり、ねじれて膨らん…

続きを読む

寝てください…

「い…今からですか」で書いた、キスミーmspが真っ赤な新芽を出しているのよーという話の続報です。 太陽の光を浴びて、ツルツルピカピカな新芽がさらに輝いています。 もともと照葉のミニバラなんですが、いつにも増してテリテリです。 12月でなければ大歓迎なんですけど。 葉っぱが元気なのは、12月であっても大歓迎ではあるんですけど。 バラ(ミニバラも含む)は、この時期に休眠しま…

続きを読む

い…今からですか

この秋は、キスミーmspがさほど花をつけませんでした。 管理状態が良くなかったから、しょうがない。 ところがですよ。 今頃になって、立派な芽が出てきました。 もう霜が降りたらしいのに。 12月になってから育つつもり? それは…無理じゃないかなー。 うーん。どうしたものか。 こっちの芽なんて、元の枝より太い芽が…。 1か月前だったら、大歓迎だったんだけどな…

続きを読む

まん丸の蕾

キスミーmspの蕾が緩んできました。 (mspっていうのは、Momo Special:ももが勝手に名前を付けちゃったの意) まん丸の蕾が可愛いですね~♪ まん丸ってことは、花びらがいっぱい詰まってるってこと。 施肥がうまくいったのかしら? 葉っぱの枚数はけして多くなくて、どうにか頑張って生きてるよーという風情だったのだけど、花にちゃんと栄養がいったのかなー。 どん…

続きを読む

これからが本番

ミニバラがすでにぽつりぽつりと咲いています。 でも、まだ夏の名残を感じる花なんですよね。 キスミーmspに蕾が上がってきました。 この秋一番最初の蕾は開かずじまい。 いま上がっている蕾に期待です! 花が咲き始めると、ウドンコも付いてくる…。 毎度のこととはいえ、白くなってから「あーあ」と思う。 後の祭り。 進歩ないなー(笑)。 そんななかで、キスミーmspはウドンコが繁…

続きを読む

ソフトピンチその後

ソフトピンチした跡は目立たなくなると、『バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック(NHK趣味の園芸ガーデニング21)に書いてありました。 そ。私がいま一番オススメなバラの本ね。 実際、どうなってるかというと…。 うまくいくもんですねー。 茶色く出っ張ってる所がもともとの枝。 そこを指でピンチして、新しい芽が出てきてるわけですが、まるで何事もなかったかのように元の枝と一体にとい…

続きを読む

ひと枝に10輪

全部の蕾が開くのを待ってたら、見頃を過ぎてしまった感もありますが…。 ひと枝に10輪の花が咲いています。 ミニバラでもここまで花をつけてくれるんですねー。 しみじみ…。 衝動買いしたときには、こんなふうに育つことなんて、夢にも考えていませんでしたよ。 ピンク色の小さなバラって可愛いな♪と思って眺めてたら、店員さんが「最後のひと鉢だから、値引きしますよー」と声を掛けてきて…

続きを読む

ブーケのように♪

キスミーmspは一番いい表情を撮り損ねちゃったけど、こうしてブーケのように房咲きになっています。これはこれで、小さなブーケのようで可愛い。 期待に応えて房咲きになってくれるところが、このミニバラのいいところだわー♪ 今年は過度な期待をしないって言ってたのに、結局期待してたって? あははは。しょがないですねー。それが欲張りな人間の性ってもんですよ。 こうしてちゃんと咲いてくれて良かった…

続きを読む


楽天 ガーデニング苗物 デイリーランキング

バックナンバー

ベルメゾンネット