"【ミニバラ】ロイヤルホワイト"の記事一覧

いろんな表情(2)

これはどちらもロイヤルホワイト。 手前のほんのりピンク色が乗ったアイボリーの状態が、よく見る姿です。季節によって色が濃くなったり薄くなったりします。 奥の花が緑色がかっているの、モニタでも出てますかねー。 だんだん赤みが抜けて白くなり、終盤は花びらが立ち上がるような感じでモコモコになって、薄い緑色になっていくんです。 緑色が乗っ…

続きを読むread more

ロイヤルホワイトも調子が出てきた

ロイヤルホワイトは今回不調だったんです。今まではいつも元気だったので、ちょっと驚きました。 あまりに様子のおかしい蕾は摘蕾したし、最初に咲いた花はちょっと奇形で…。 でも、次第にいつもどおりの花が咲くようになりました♪ これ↑がいつもどおりに咲いた花です。ぐるぐる巻いた真ん中がいいですねー。デリケートな色のグラデーショ…

続きを読むread more

ガクがほどける

ねじるように閉じていたガクがはらっと開いて、まだ硬い花びらの塊が覗いているたこの姿。 もーね、ドキドキしちゃってたまらないんですよ。 遠足前夜のドキドキ感に似ているかなー。 美しさは開いた花にはかなわないんだけど、なぜかとてもそそられる。 育てる前には、そんなこと微塵にも思ったことはなかったんですけどねー。 ボケ感もい…

続きを読むread more

これが噂の?!

ロイヤルホワイトはいつも元気なのに、このところ急に元気がなくなったんです。 しばらく原因がわからなかったんですけど、やっと見つけました。 葉っぱが、食べられちゃってます。害虫がいることが判明しました。 切り口から見て、あまり大きくない虫のようです。この切り口は今までうちでは見たことのない感じ。 この写真を撮っているときに…

続きを読むread more

痛いけど可愛い

これも、育てているものだけのお楽しみ。 ミニバラのとげが可愛いと思っちゃうのです。 見事に赤くて、曲線を描いて尖っているところに、見とれちゃうんですよね。 大きくなるにつれて、この赤みはなくなっていきますから、若いとげだけの姿なわけで、今だけっていうのがそそられるところなのかもしれません。 まだ、硬くなりきらず、弾力があ…

続きを読むread more

切って正解

先月悩んでいたロイヤルホワイトの枝は、記事を投稿した後、切ってしまいました(前回の様子はこちら)。 あれからたった2週間で、こんなに葉が育ちました。艶があってキレイですね~。元気いっぱい。生命力に溢れているのが伝わってきます。 太い枝から出てきた芽は太かった。太い芽から出てきた葉は大きかった。 当たり前のことを改め…

続きを読むread more

どのくらい伸びるかな

このロイヤルホワイトには、下のほうに枝がありません。 去年、芽が出るには出たんですけど、弱々しいままで、枝にもなりませんでした。 今年も同じところから芽が出てきました。 今年はどうなるかな? 光合成の足しになるくらいの枝に生長してくれるかな? この株は、購入時からだったかなぁ、株元がぐるっと巻いてるんですよ。マフラーでも巻…

続きを読むread more

写真だと見えてくる

この時期、剪定後のミニバラの芽を観察します。 伸ばしたい芽が伸びているか、伸ばしたい芽を邪魔するように伸びそうな芽がないか、1カ所から複数の芽が出ていないか…などを見るのです。 いま気になっているのは、このロイヤルホワイト。 最初の年は、枝の途中から枝枯れ病か灰色カビ病のような症状を発症してしまい、その後の生長が振るわなかった…

続きを読むread more

これは良い芽が出てきたゾ♪

ロイヤルホワイトは、芽が出るか心配しなくていいから、ホント安心です~。 膨らみがあって元気のよさそうな芽が、狙ったところから出てきてくれました。 嬉しいなぁ。(*^o^*)ノ 他の場所からもポチっと芽が出てますね。 まだ極小の赤い芽も2つあるし、そのうち芽かきをしなくてはいけませんね。 しばらくは、どの芽がちゃんと育つか観…

続きを読むread more

2年目で変わった

これはロイヤルホワイト。葉が落ちてきたので、枝が良く見えるようになりました。 買ってきたとき1ポットに4本植わってて、そのまま植えたんですが、そのなかの1本だけがほとんど生長できなかったんです。半年たっても竹串のように細い茎は、丈もあまり伸びませんでした。 花は3回咲いたんですけどね。 そのひ弱な株を、今年1月の植え替…

続きを読むread more

ミニバラの黄葉

うちのベランダで、一鉢だけ秋の様相を呈しているものが。 ロイヤルホワイトです。 去年も真っ先に黄葉しました。今年も早いなぁ。 他のミニバラはまだ蕾や新芽が上がっているというのに。 去年はたくさん咲いたから体力を消耗して休眠に入るのかな~と思ったんですけど、そうじゃないみたい。 だってね、今秋はあまり花を付けなかった…

続きを読むread more

ちょっと赤いの

今咲いているロイヤルホワイトは、外側の縁がちょっと赤いんです。 「いや~、秋になるとこういう花が咲くことがあるんですよ」 なんてボケたら、信じる人、いるかしら。 何のことはない。 お手入れが行き届かず、ウドンコが花びらに乗り移って病んでる姿なのです~。( ̄□ ̄;) ロイヤルホワイトが、赤い色素を持っているってことなんで…

続きを読むread more

フリっと

たまには、違うアングルで撮影してみようかと思って撮った1枚です。 花びらの枚数が、前回よりまた少し増えたみたい。 サイズも少し大きくなりました。 そして、外側の花びらが、緩やかな曲線を描くようになりました。 春のようにフリフリではなくて、フリって感じですかね。 蕾がいくつも開いてきて、楽しませてくれています…

続きを読むread more

輝いていくロイヤルホワイト

このロイヤルホワイトは、きれいに開き始めました♪ 中心のグルグルがきれいな形になったから、より美しく見えるんでしょうね~。 咲き始めは、アプリコット色が乗ったアイボリーって感じのマットな色です。 花が開いていくにつれ、白くなっていきます。 上の花が咲き進んだものがコレです。 真っ白になると、太陽の光をキ…

続きを読むread more

真っ赤だな~♪紅葉じゃないけど

葉っぱも枝もトゲも、きれいな赤い色♪ 実物は写真よりもっと鮮やかなんですよ。 ミニバラって、生まれたての新葉が赤いですよね。不思議ですね~。 ミニバラを育てるまでは、紅葉以外で葉っぱが赤いのは珍しいと思っていました。 新葉が赤いのは元気な証拠だそうです。 って去年の記事(12月)でも書きましたね。 こんなに赤いのは、…

続きを読むread more

最後の夏花

この花は、たぶんロイヤルホワイトの最後の夏花です。 ちょっと巻きが緩い気がします。 その辺が夏花らしいところですね。 でも、真夏に比べて花びらは増えたかな。 それに、アプリコット色が強いです。 白い花と言うとちょっと抵抗があるくらい、全体的に色が乗っています。 春のゴージャスなヒラヒラはもちろん大好きなんですけど、こ…

続きを読むread more

切り口も香る?

今日は雨。でも、ベランダでは作業ができます。 この鉢(ロイヤルホワイト)は花が終わったので、剪定しました。 あ、剪定前の写真も撮っておけばよかったかな。 剪定後、こんもりとするくらい剪定枝が出ました。 その切り落とした枝の塊からロイヤルホワイトの花と同じ香りがするんですよ。 剪定前にも、香りがあるっていえば…まぁ、ほん…

続きを読むread more

こんにちは♪しべ

ロイヤルホワイトは中心部分が大きいようで、花のサイズが小さくなる夏の花ではしべの面積の比率が上がります。 春の花とは別物に見えてしまう一因ですが、観察するにはちょうどいいですね。 雄しべ、たっぷりありますね。 この先端から花粉が出て、蜂がせっせと運んでいるんですね。 雌しべも、先端は1本じゃないですよね、これ? 太陽の…

続きを読むread more

サマードレスの花と秋剪定

先日、のんのんさんのブログ(野の花ガーデンblog)で、素敵な表現に感動しました。 どんな凝ったデザインのバラも、夏の花は、どれも似たような花形になりますね。 フォーマルなデザインのおしゃれなバラ達も、夏の暑さにみんなサマードレスに着替えてしまったかのようです。 ね? サマードレスだと考えると、華美でないのが納得でしょ? …

続きを読むread more

ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ