"【ガーデニング】雑記"の記事一覧

昔から成功してたわけじゃない

この数年の間に知り合った人たちは、私が植物を育てるのが上手な人だと思っているらしい。 確かにここ数年は失敗より成功の数が増えたから、上手な部類に仲間入りできたのかもしれない。 でも、最初から、何でも成功していたわけじゃないですよ。 小学3年生のヒマワリを最後に、そこからなが~い不毛な時期が続きました。 種をまいても発芽しない…

続きを読むread more

夢のまた夢

初夢ではないけれど、夢を見ました。 私が、ペールピンクみたいなクリアなピンク色のバラ(たぶんイングリッシュローズ)をオベリスク仕立てで育てている夢です。 そのバラの花形は整ったカップで、クイーン・オブ・スウェーデンに似ている雰囲気でした。 クイーン・オブ・スウェーデンは直立性だから、きっと違うバラなんだろうな~。 グリーンの…

続きを読むread more

赤玉が砕ける

今日は、赤玉土のお話です。 赤玉土って、赤茶けた土の粒ですよね、当たり前の話だけど。 (今日は当たり前な話が続きます。^_^ゞ) 粒状だから、適度に空気や水を流す隙間ができるので、プランター栽培の基本用土にされているわけです。 でも、いつまでも粒を保っているわけじゃないんです。 根っこが伸びるときの勢いや、上に載ってい…

続きを読むread more

落葉するアイビーと落葉しないアイビー

Hirokazuさんのブログ(Pirologue)の記事を読んでから、気になることがあったんです。 ツタ。漢字で書くと蔦。英語で書くとivy。 「そもそもツタでは冬に落葉してしまうから」 Hirokazuさんがそう書いていました。 そう。そうなの。 甲子園はご縁も興味もないから知らないけれど、私の良く知る場所のツタは落…

続きを読むread more

土が違うから?

カブの生長が前回と大きく違う理由の一つは、土かもしれません。 前回の栽培時は、サカタのタネオリジナル培養土「野菜三昧」という土を使いました。 それまでは近所のホームセンターで買った土で、リーズナブルな物しか使ったことがなかったんですが、“いい土”を使ってみたくて買ってみたのでした。 20リットルで1,200円 。 バイオゴー…

続きを読むread more

あなたはだーれ?

デルフィニウムの鉢の隅に発芽した芽が少しずつ育っています。 本葉が出る前は、「デルフィのこぼれ種から発芽したのかも♪」と期待していたんですが、明らかに本葉が違います。 前回はまだ小さすぎて見当がつかなかったけれど、最近、パンジーかビオラに見える気がするんですよね~。 違うかな~?

続きを読むread more

腐葉土マルチの威力

うちのミニバラには、腐葉土でマルチングしてあります。 最初のきっかけは、のんのんさんのブログで、夏の留守中の水切れ防止策として有効だったという記事を読んだからなんです。 その後に数日留守にすることがあって、腐葉土マルチをしてから出かけました。 施した対策は腐葉土マルチだけではなかったけど、今までで一番効果的だったのは、腐葉土のお陰…

続きを読むread more

無欲な来客

ベランダに来客がありました。ナナホシテントウです。 甲羅…っていうのかな、違ったような…。外殻だっけ? まぁ名称はいいかな…ピカピカですね。 写真じゃ鮮やかさが出ませんねぇ。実物はもっと鮮やかだったのに。 フェラーリもビックリするくらい真っ赤でピカピカ。 イメージできたかしら? 長方形に空が映りこんでいますね。 ベ…

続きを読むread more

ライバル出現

ミニバラの手入れをしていたら、鳥がやって来て、ベランダの手すりに止まりました。 「お前はヒヨドリ!」 叫んじゃいました。 ヒヨドリはいったんはこっちを見たけど、ま~ったく気にしていないふうで、毛づくろいしたり、どこかを見ていて、逃げるそぶりがまったくない。 これって、私、なめられてない?( ̄□ ̄|||) ヒ…

続きを読むread more

世界バラ会議殿堂入りしたピエール

ピエール・ドゥ・ロンサール。 場所がない私には当面手の出せないバラだけど、好きなバラです。 『マイガーデン』No.38の表紙を飾っています。可憐ですね~。バラの図鑑は買わないのと言いながら、雑誌は買ってしまうのです。^_^; 中心のピンクから外側の白へのグラデーションが美しいことに異論はないところでしょう。 これをどう表現す…

続きを読むread more

大失態!?

私、虫がとっってもニガテです。 ガーデニングの最大の課題は、虫との対峙だと思っているくらい。 育て方とか病気とか、そういうことなら、勉強していく気概はあるんです。 でも…虫はぁ……(>_<) 調べ物をしていても、まず画像を直視するのがツライ! 体がかゆくなるし、脳みそが拒絶します。 画像もそこにいる実物もよく…

続きを読むread more

アイビーの産毛

暖かくなってから、アイビーからも新芽が出ています。ここにも春が来たんですね♪ 先端だけではなく、途中からも結構出ています。 アイビーの新芽には産毛がびっしりと生えています。 周りの葉を見ていただくとわかるように、大きくなると産毛はまったくなくなってしまいます。 アザラシみたい~(^・^) えっ…そんなこと思うのは私だけ? …

続きを読むread more

通りのクリスマスローズ

街路樹の足元で咲いているクリスマスローズを見つけました。規則的に配置されているので、きちんと植栽計画を立てたうえで植えられたもののようです。 クリスマスローズは手間が掛からず、木陰で育つのですから、Good Choise!(*^ー')b⌒☆ですね。 3年前の私ならそんなことを考えもしなかった。 関心を持つって大きいですね。 …

続きを読むread more

土の再生

※追記あり※ ベランダで育てている植物の量が増えると、次第に問題になること。土。買うのが手間というばかりではありません。使用後の土の処理です。 大きな問題です。 うちの場合、基本的に野菜にしても花にしても、ミニバラ以外は年に2回のペースで植え替えます。そして、ミニバラは年に1回。 今冬のミニバラ植え替えで使った用…

続きを読むread more

ハナミズキは早い

ハナミズキの何が早いかというと、葉の分解のスピードです。 落ち葉(ケヤキ、クヌギ、ハナミズキ)を拾ってきてペットボトルで腐葉土を作っています。 仕込んだのが12月。1カ月以上経ったので、中身を見てみました。 底のほうはだいぶいい感じになってきています。思ったより早く進行していましたね。自家製堆肥を混ぜたのが良かったのか…

続きを読むread more

こぼれ種

種をまいてもうまくいかない花がある一方で、まいていないのに育つものもありますね。 リカちゃんパンジーと同じプランターのあちこちから、まいた覚えのない芽がポツポツ出ています。 雑草がほぼ生えないこのベランダでは、見極めるのは簡単。 ニチニチソウでしょうね。ここ半年の間で、種を取ったものがそれしかないのですから。 ニ…

続きを読むread more

ガーデンラベル

今までは、ミニバラの鉢の数はたいしてないから幹を見ただけでどれかわかるし、ラベルはなくても別に平気だと思っていたんです。 それでも一応何かいいものはないかしらと気にかけてはいたんですが、見かけるものに目ぼしいものがなくて。 植え替えのときに鉢を変えたり、株分けしたり、反対に同じ種類を一つの鉢に植えたりして、移動させていたら、急に自分…

続きを読むread more

100円アイビー

うちには2種類のアイビーがあります。 一つは、100円ショップで買ったもの。店頭でもウチでも過酷な環境で放置されていたのに、元気に生き残っています。暑さ寒さにも強く、頑丈です。 もう一つは、花屋さんで100円で買ったもの。見栄えがよいべっぴんさん。 ところが、6月の旅行中に枯れてしまいました。 かなり長かったので、ピンチ…

続きを読むread more

ガーデニングの原点

よく拝見するホームページで、小学校に種や球根をまいて花をいっぱいにする計画が始まっています。 サイトの管理人さんに伺ったところ、多くの方がこの記事に接して、ご自分のガーデニングの原点が小学校の頃にあったというお話を添えて、協力を申し出たそうです。 私も、改めて考えてみたら、まさにそうでした。 初めてまともに植物を育てた…

続きを読むread more

苗物 デイリーランキング

過去ログ